ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

1冊目でした。 - Progressive Steps to Syncopation for the Modern Drummer -


Progressive Steps to Syncopation for the Modern Drummer


Progressive Steps to Syncopation for the Modern Drummer

ドラム始めた時に、何か参考になる本ないですかねーと聞いて帰ってきた答えがこの本でした。

懇切丁寧にドラムセットについて書かれている本ではないんです。ただ、ひたすらシンコペーション的なリズムが書いてあって、ドラマーだったら、それを3wayや4wayにしてみてひたすら訓練していくんですが、そのひたすらが結構楽しかったりします。


ドラムの教本さえ、このテキストぱくったなっていう感じのフレーズも見受けられますから、それほど基本的ってことですかねぇ。

私が買ったときは、1500円もしたのに、安くなったなぁ。

紙の質が悪かったのと使いすぎにより、ぼろぼろになったけれど、これは買いなおしても捨てないと思う1冊です。




Progressive Steps to Syncopation for the Modern Drummer



記事編集

ルーディメントなど - Buddy Rich's Interpretation of Snare Drum Rudiments -

Buddy Rich's Interpretation of Snare Drum Rudiments



Buddy Rich's Interpretation of Snare Drum Rudiments

ドラムの基本はやっぱりルーディメント、なんていっちょまえに思うんですが、そうそう簡単にはできませんよねぇ。

でもなんだか、こんな本を持ってると、やった気に・・・

むむ、いかんいかん。持ってるだけじゃ。


こちらの教本では、一つ一つのルーディメント練習のほかに、ルーディメントをいくつか混ぜた課題もあるので、それをドラムセットに応用しても楽しいですよ。

バディリッチさんのように、なれるかしら~


Buddy Rich's Interpretation of Snare Drum Rudiments

解説は、英語でございます。




ち、な、み、に、ヴィックファースのサイトでは、ルーディメントレッスンの動画が見れますよん。
シングルの7つ打ちをサンプルにどうぞ。
Vic Firth Rudiment Lessons: Single Stroke Seven


記事編集

ドラムでマッチョになる? - Drum Aerobics -

Drum Aerobics: For All Levels: from Beginner to Advanced



Drum Aerobics
Andy Ziker (著)

ドラムエアロビクス・・・そそられるタイトルです。

ドラムやるんなら、ついでに動きとか工夫したら運動もできて、得した気分になれるのじゃなかろうか。。。

そう、ドラマーならきっと誰もが頭をかすめるアイデアです。


2バスを叩きまくって腹筋鍛えるのか!?表紙を見たら、絶対そうかと思ったのに。

ドラマーとして必要なテクニックをつけるための練習を毎日少しずつ頑張ろうね的な、ドラマーの体づくりをスケジュールを組んで進める教本でした。

内容としては、まじめです。120ページもあるし。


ちゃんと、ストレッチしようねとか



1週間目のスケジュールはこれですとか


1日1エクササイズ、全365パターン。
1年やれば、すごいことになるな。きっと(遠い目・・・)。

忍者の修業を彷彿とさせます。
くじけないで、がんばれ~

そんな著者が、実演してくれてます。ムキムキなのか?

Choudahead - Drum Aerobics - Hal Leonard




Drum Aerobics

CD2枚付

記事編集

ジャズドラムのガイド本としてもどうぞ - The Evolution of Jazz Drumming -

The Evolution of Jazz Drumming: A Workbook for Applied Drumset Students (Book CD & DVD)



The Evolution of Jazz Drumming: A Workbook for Applied Drumset Students (Book CD & DVD)

Danny Gottlieb[ダニー・ゴットリーブ]さん著作のジャズの発展についての教則本です。

パットメセニーなどのドラマーでも知られるDanny Gottlieb[ダニー・ゴットリーブ]さんと言えば、昔、ドラムマガジンでもコラムとか書いてましたねぇ。


きっと教え上手なんだろうなと思うのですが、彼の他の教則もわかりやすかったので、今回もきっと内容はよくまとまっているんじゃないかなと。

ちなみに、高校生からカレッジレベル、プロまでOKとのこと。16週間のセミナーの教科書にも使われているそうです。


ページサンプル:画像をクリックすると、拡大ページにとびます。


ページサンプル:画像をクリックすると、拡大ページにとびます。



The Evolution of Jazz Drumming: A Workbook for Applied Drumset Students (Book CD & DVD)
CD[300を超えるトラックの入ったMP3ファイル]&DVD付




jazzの教則ならこちらもオススメ

ジャズの基本をどうぞ - Rudimental Jazz: A Musical Application of Rudiments to the Drumset -



記事編集

フィルの使える置き換えパターン - Realistic Drum Fills: Replacements -

Carmine Appice: Realistic Drum Fills – Replacements



Carmine Appices: Realistic Drum Fills - Replacements

ロックドラマーのカーマイン・アピス[Carmine Appice]さんによる、フィルインの教則本です。

8系から、3連、16系も例として挙げてくれています。
基本をしっかり押さえてくれている感じではあるので、サンプルを参考にしながら、買うかどうか決めてね。
数えたら、17例アップしてくれてますよん。


さらっと、サンプルを見るだけでも、そうそうこんなのも応用できそうって気持ちにはなります。
うれしい音源付。

サンプルデータ等は、[ こちら ]



Carmine Appices: Realistic Drum Fills - Replacements

教本についている音源CDはMP3です。




日本人のフィルイン教則がいいってかたは、こちらもオススメ
実践フィルイン・エクササイズ [DVD] - 山本 雄一 -


記事編集

Wicked Beats - スカ、レゲエ教則 -

Wicked Beats: Jamican Ska Rocksteady & Reggae Drum [DVD] [Import]


Wicked Beats
Jamican Ska Rocksteady & Reggae Drum

スカやレゲエって、ちょっと怪しげな感じですが、なんとなく叩けると、かっこいい。
"Unite" のサンプルもあったので、動画をリンクしておきます。

やってることはシンプルなんだけど、シンバルを入れる場所とか8や16系の間にフィルを3連で入れるとそれっぽいとか、参考になります。

DVDですが、リージョンは日本ではないので、ご注意を。








前に書いた、こちらの教則も、よければご参考に。
レゲエ ドラム 教則 - Hudson Limited Releases Instructional Reggae Drumming Video -

記事編集

いろんなリズムをつまみぐい - DVD付ムック『ドラム・パターン大事典326』 -


ドラム・パターン大事典326(DVD付き)リズム&ドラム・マガジン ドラム・パターン大事典326(DVD付き)

長野祐亮(ながのゆうすけ)さんによるドラム・パターン集。

ドラムを始めた頃は、8ビート系などの比較的サマになりやすいパターンのバリエーションを練習して慣れていきますが、体が動くようになってくると、もう少し幅を広げたくなってきます。

そんな時、辞典のように使えるこんなパターン集があると便利ですね。

おぉすごいって思ったのは、全てDVDで実演されているところ。

少し前までは、いくつかのパターンが入ったCD付でしたが、聞くと見るとじゃ大違い。

アイデアを増やすのにも、参考になりますね。



収録リズム
◎01:8ビート
◎02:16ビート
◎03:4ビート/2ビート
◎04:ロック8ビート
◎05:ロック16ビート
◎06:メタル・ビート
◎07:3 連系ロック・ビート
◎08:変則ロック・ビート
◎09: ファンク・ビート
◎10:ディスコ・ビート
◎11:R&B/ヒップ・ホップ
◎12:変則ファンク・ビート
◎13: ファンク・フュージョン
◎14:ディキシーランド・ジャズ
◎15:ジャングル・ビート
◎16: スイング・ジャズ
◎17:モダン・ジャズ
◎18:ボサノヴァ/アフロ・キューバン
◎19:ジャズ・フュージョン
◎20:シャッフル・ビート
◎21:12/8ビート
◎22: 変則ブルース・ビート
◎23:カントリー/ロカビリー
◎24:ロックンロール
◎25: ニューオーリンズ
◎26:アフリカン
◎27:ブラジリアン
◎28:レゲエ
◎29: ラテン/アフロ・キューバン
◎30:打ち込み系リズム
◎31:ポリリズム/譜割りフレーズ
◎32:変拍子
◎33:シグネチャー・ビート

リズム&ドラム・マガジン ドラム・パターン大事典326(DVD付き)



テキストサンプル[PDFファイルにリンクしてあります]
第1章「基本ビート」 01:8ビート
第1章「基本ビート」 01:8ビート[PDF]


第4章「ジャズ」 19:ジャズ・フュージョン
第4章「ジャズ」 19:ジャズ・フュージョン[PDF]





リズム&ドラム・マガジン ドラム・パターン大事典326(DVD付き)

記事編集

ドラマーにも、おすすめ - カホン&ジャンベ 技と実践 DVD付 -

カホン&ジャンベ 技と実践“手数王” 菅沼孝三さんが、カホンとジャンベを教えてくれるんですね。

キャッチコピーが「全てのドラマーとミュージシャン必読の書!」だし、ドラマー的な視点から語ってくれそうなので、興味がわきますね。

<主な収載内容>
カホンという楽器/カホンの奏法/8ビートの基本/16ビートの基本/リズムのバリエーション/さまざまなアプローチ/アクセント・エクササイズ/タイミング・エクササイズ/ロール・エクササイズ/ジャンベという楽器/ジャンベの奏法/ジャンベのアンサンブル/ジャンベのパターン/リズムのバリエーションハンド・コントロール/アクセント & タイミング・エクササイズ


徹底攻略!“手数王”菅沼孝三が教える カホン&ジャンベ 技と実践 DVD付 (楽譜)
by 菅沼 孝三

菅沼 孝三 オフィシャルサイト:http://www.kozosuganuma.com/


パーカッションプレイヤーだったら、こっちかしら。

パーカッション・マガジン Volume05(CD付き) ■特集 本気でカホン


記事編集

ラテン系を叩く前の基本テクニック - Latin Elements for the Drum Set -

Latin Elements for the Drum Set「Latin Elements for the Drum Set QWIKGUIDE Book/CD Set」という教則本の紹介です。

サンプルとして、アップされている譜例を見てみると、ラテンのフレーズの解説というよりは、ラテン系を叩いてみる前の、16分音符でのアクセント移動などのドラムセット練習用の教本のようです。

ラテン系に限らず、ファンクやジャズなどにも使えそうですね。

一番、譜例が見やすかったのは、google booksの検索結果でした。
google booksの「Latin Elements for the Drum Set」譜例


出版社のMEL BAY社のガイドは、下記(英語)。
MEL BAY社の「Latin Elements for the Drum Set」案内

全150例と、CD付。



確かに、いきなりラテン系フレーズで悪戦苦闘してしまうよりは、アクセント移動や、4wayでのバスドラ、ハイハットのオスティナート関連の体力をつけてからという練習方法も必要かもしれないと思います。

記事編集

最近はDVD付きなんだね - 「ローランド・コレクション・シリーズ」 -

「ローランド・スコア・シリーズ」ドラムの教則は映像付きってのもわかるけど、最近の教則本ったら、鍵盤も演奏がDVDで付いてるんですね。

どこで、どの指使ってんだぁ?なんて、疑問も、すぐ解決なんて、うれしいですね。

とはいえ、同じ曲でも、アレンジャーによって、よかったり悪かったり。好みもありますからね。佐々木昭雄さんなんて、個人的には結構好きよ。

■ローランド・コレクション・シリーズ
http://www.roland.co.jp/express/news/mail/?m=1221F09

これね、DVDが試聴じゃなくて、試写できるんよ。オルガンなんて、足も映ってるわよ。
試写のページ

記事編集

drummer's collective: 25th anniversary & bass day 2002

2002年11月24日に行われたDrummers Collective 25周年記念のイベントのビデオの映像クリップ。

Steve Gadd、Dave Weckl、Horacio “El Negro” Hernandez、Steve Smith & Victor Wootenの演奏がちょこっとだけ見れます。

Steve Smith & Victor Wootenのパフォーマンスは、まるで、ドラムにBASS音源がついてるみたいで、面白いよ。Drummer's Dayじゃなくて、BASS Dayでもあるから、見れる演奏って感じ。

drummer's collective: 25th anniversary & bass day 2002 [映像]

Drummers Collective 25th Anniversary Celebration[DVDについて]

ちなみにdrummer's collectiveはニューヨークにある音楽学校。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。