ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

線上の芸術 - Linear Time Playing: Funk & Fusion Grooves for the Modern Styles by Gary Chaffee -

Linear Time Playing: Funk & Fusion Grooves for the Modern Styles by Gary Chaffee



Linear Time Playing: Funk & Fusion Grooves for the Modern Styles by Gary Chaffee

リニアって言葉は、line[ライン]から来てまして、線上になってることを意味します。


ドラムで何ゆえ線?っていうと、普通パターンって片手でたたくときもあるし、両手もあって、お休みもあってという感じですが、リニアは、16分ならずーっと何かを叩いてる感じ。

同じ音符がずーっと続いているから、線ぽいんじゃないかと思ってますが、ゴーストノートを入れまくって叩き続けてるって言ったらいいのかな。

ゴーストノートってやつも、存在を知った時には驚いたけど、職人ポイよね。

簡単なのから書いてあるけど、うまくたたくには習練が必要かな。理屈を知るにはなかなか良い教本と思いますよ。

確か、ディブウェックルさんも参考にしたとかしないとか聞いたことあるけど、定かではございません。

初心者じゃきっとへこむから、ドラムに慣れてからお試しくださいませ。[経験者は語る。。。]



Linear Time Playing: Funk & Fusion Grooves for the Modern Styles by Gary Chaffee

CD付
76ページ




リニア系パターンに興味があるならこちらもオススメ
ファンクを一通り学べる - The Total Funk Drummer -

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/753-e6c88aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。