ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

打楽器奏者が聴くべきコンガアルバム - その11 -

アメリカの「DRUM!」という雑誌の、2006年8月号に、「Essential Conga Recordings For Every Percussionist」と題して、15枚のCDが紹介されている。

打楽器を極めるにおいて、奏法も重要だけれど、実際に曲の中での素晴らしい演奏を聴いておくのは、非常に役に立つ。解説から抜粋しようと思う。


David Sanborn: HearsayDavid Sanborn: Hearsay

サックス奏者のデヴィッド・サンボーンの[ Hearsay ]というアルバムは、ファンク系の音楽でコンガをうまく使っているという参考例としてあがっています。

一つの打楽器として考えれば、コンガだからといってラテン系で使われないとおかしいなんてことないものね。

コンガ奏者は、Don Alias [ ドン・アライアス ]。


原文はこちら
http://www.drummagazine.com/handdrum/post/the-hottest-conga-cds-of-all-time/

打楽器奏者が聴くべきコンガアルバム[一括してみたい人はこちらをどうぞ]

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/671-01981e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。