ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

mother in law

niagara_moonうちに、大瀧詠一の「ナイアガラムーン」というアルバムがあるんですが、その中に、「楽しい夜更かし」という曲があって、ニューオーリンズ生まれのアーニー・ケー・ドゥーという方が作った曲「Mother In Law」(マザーインロウ)をもじっております。聴いていると、確かに、夜更かしは楽しそうです(笑)。

でも、それだけでは、ラテンと関係ないのですが、話は続きます。


four_chords_and_several_years_ago


mardi

大瀧詠一バージョンをはじめて聴いた時に、気に入っていたので、アルバムの解説を読んだら、その曲はニューオーリンズ生まれ(もどきですが)ということで、原曲はどんな感じなのかな~と、思っていました。ニューオーリンズと言えば、ジャズの発祥地でもありますが、キューバにも近いですから、お互い影響もありそうです。

そんなところへ、今度は、Huey Lewis And The News(ヒューイ・ルイス・アンド・ザ・ニュース)の古いR&Bやロックンロールのカバーアルバム「Four Chords And Several Years Ago」を知り、そこに「Mother In Law」(マザーインロウ)の曲を発見。原曲に近いのかな、と思い聴いておりました。

その後、キューバとニューオーリンズのテーマで、Cumbanismo(クバニスモ)というグループが、「Mardi Gras Mambo」を出し、そこにも「Mother In Law」(マザーインロウ)の曲が収録。リズムはチャチャチャです。

同じテーマですが、日本-アメリカ-キューバと所変われば曲調も変わるのねと、楽しんでおりました。

ちなみに、"Mother In Law" は"義理のママ"という意味で、曲の内容は「俺の義理ママはひどいやつ」ってな感じ。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/64-39230499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。