ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

進化するポップス

流行は、何年か周期で、繰り返すというのを、聞いたことがある。確かに、それはそうかもしれないけれど、例えば、前の流行の時に着ていた服を今の流行で着ようと思うと、ちょっと違うのである。

コンセプトは同じかもしれないけれど、年月がたった分だけ、洗練が加わっている。

だから、同じとは言えない。

それって、音楽でも言えるかもしれないって思ったのは、嵐の「wish」を聞かせてもらった時のこと。

イントロが流れてくるなり、「大滝詠一だ」と、懐かしさを覚えてしまった。でも、同時に、こんな風に使っちゃうんだなぁって感心したのだ。

イントロの決めが、大滝詠一の「君は天然色」にそっくりだったってだけなんだけれど、ちょっとしたフレーズを使って、新しい物ができあがるってのは、進化してるってことじゃないかな。

ポップスだって、昔はやったフレーズや、ワールドミュージックの要素を入れたり、そのままじゃなじみがなさそうなものをわかりやすく翻訳して使えば、どんどん進化できると思うんだ。

逆に、そのわかりやすいポップスから、オリジナルのアイデアに向かう人もいるかもしれない。

そうやって、いろんな方向に、音楽の興味を持つ人が増えれば、もっと面白いものがこの先、生まれるんだろうなぁ。





関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/515-a993ba73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。