ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

感じたままに叩けばいい - Sheila E. -

リズム&ドラム・マガジン 2000年07月号最近は、ネットを使えば、国内はもとより世界中の情報を手軽に検索できるようになったけれど、まだまだすべてのものをネット上で見ることが出来るわけではないよね。

先日、雑誌を整理していたら、表紙がシーラ・Eのリズム&ドラム・マガジン( リットーミュージック )が出てきた。

うぉ、はでだ。いつもはごつい男のドラマーだからなんだかうれしくなって、彼女のインタビューを読んだ。

「ソロなんてとったことがなかったけれど、感じたままに叩けばいいと言われて夢中で演奏したら、観客総立ちの大喝采~」

そうよね、たくさんの練習はもちろんのこと、最後は夢中でできるかどうか、ってことなのかも。いやしかし、それが15歳の時ってんだから、すごい人は最初からすごいんですかねぇ。

やはりパーカッショニストの父(ピート・エスコベド)が、娘をパーカッショニストにしたくなくて、ヴァイオリンをやらせてたんだそうですが、血は争えませんな。

リズム&ドラム・マガジン 2000年07月号

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/484-42ea5cd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。