ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

セイコーに聞いてみた - Allegrettoシリーズ6 -

メトロノームしつこいようですが、アレグレット。
どうして、メトロノームによって、表記が違うんだ~と、セイコーさんに聞いてみることにしました。

アレグレットはテンポいくつなのかな~を調べて、気になって仕方がないので、勝手に調査しております。シリーズ6話。

1話:アレグレット
2話:アレグレット 2
3話:Allegretto は
4話:どっちなのだ
5話:誰か、発明品を見てるかな?




これは、作った人に直接聞くしかないぜと、思い、メールにて質問。すると、答えがきちんと帰ってきました。やるな、セイコー。

「わかる範囲でお答えしますと、速度標語をテンポ数値にする場合、楽典や表現によって異なっており、必ずしも一致・統一できないというのが現状のようです。
当社のメトロノームも、開発時期が異なる場合にはその時どきに拠っているため、あくまで目安、ということになっております。

速度標語「やや遅く」がどれくらい遅いのか、あくまでも音楽表現上の理解、ということになると思われます。」

ほーなるほど、製造した時期によっても違うのか~。そうなってくると、世界のメトロノーム事情も、気になってきます。

でも、ここから読み取れるのは、メトロノームの速度標語をうのみにしちゃいけないってことですねぇ。

ちなみに、きちんと、案内ページまで、教えていただきました。


「ご参考までにこちらをご覧ください。↓
http://www.seiko-syd.co.jp/music/jpn/try/metronome/01.html

ブラームスやベートーベンも、メトロノームの存在は知っていたようですね。

さすがに、世界に調査しに行くわけにはいかないので(スポンサー募集中)、この話題はとりあえず、ここまでにしよう。












☆最近のラッキー
チラシの印刷完了したらしい→こちら
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/225-f7011231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
在庫状況:お取り寄せあらゆる楽器奏者の日々の練習に必要な機能を、譜面台や洋服などにはさめる小型クリップに凝縮したデジタルメトロノームです。カラー:シャイニーピンク大きな音も出せる軽量クリップメトロノーム譜面台や、洋服などに取り付けてご使用になれます。鮮や
2007/07/21(土) 04:17:51 | メトロノームがいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。