ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

棒きれと呼ばないで

stickドラムのスティックって、ただの棒きれですから、何でもいいやって思いませんか?
*
←こんなにあれば、もういらないって、思いますよね
*
*


わが家には、長かったり短かったり、太かったり細かったり、重かったり軽かったり、赤だったり黒だったりの、もう何種類あるんだかわからないくらい、スティックが転がっております。

初めてみたときは、まさに「ただの棒きれじゃん」の状態でしたから、一体なぜこんなに必要なのか全く理解できませんでした。

だって、腕は2本ですし、折れたり飛んだりしたら困るって言っても、10本くらい有れば足りそうじゃないですか。

それはもちろん、練習に使っている分には棒きれでもよいのかもしれませんが、いざ、音を追求するとなると、これがピッタリなのを探すのが大変です。

左右、ただ変わりばんこに叩くだけでも、叩きやすいのとそうでないのがあります。

これは、手の振りとスティックのバランスが合うかどうかってところなんでしょうか。例えば、スティック自体があまりに重すぎると、腕に負担がかかって、うまく動かないような気がします。

スティック自体にも、太さや形状によって、スティックのチップ側にバランスが傾いたり、握る方にバランスが偏っているものもありますから、実際に振ってみるっていうことが、重要な気がします。

お店によって、試奏させてくれますしね。

スティック買いに行きたいよぉ~。

まだ、いろいろ選ぶ理由はありますよね。色とか、値段とか(笑)










☆最近のラッキー
アダプターがなかったので、近くにあった別のアダプターを試しにさしたら、使えました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/191-bd6b3ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。