ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

ゲージ

この間、「見えない方は薄いんです」っていう、記事を書いたのですが、見えない方が薄いというデータを発見。

ちなみに、この話題、ドラムの皮(ヘッド)の記事です。

でも、これって、何の単位?
ドラムのハードのことを書きつづっていったら、いつのまにか、おもしろくなってしまい、最近、掃除の最中に楽器のカタログを発見すると、ながめてしまい、時間を食ってます。。。反省

ドラムヘッドのページに、単位がありました。
weightの欄に、

Tom Tom & Snare Top     1000ゲージ
Snare Side(スネアサイド)    200ゲージ

たぶん、裏は薄いんだから、スネアサイドの数字が少ないのは理解できるんですが、Weightって、重さですよね?

ゲージって単位があるのかしらと思い、調べたんですが、圧力の単位にはあるようなのですが、重さの単位にはなさそうで、厚みの単位でもなさそうなんです。

一体、1ゲージってどのくらいなんでしょうか・・・

うちのドラマーも、「ゲージ」という言葉に関しては、意識したことがないって言ってます。

でも、「1400ゲージ(2プライ)ってのは、700ゲージを2枚重ねだったよね」と言い、新たな情報をゲット。

実際に数字で言われると、スネアの裏の皮は、平均的には表の皮の5分の1の厚みしかないんですね。











☆最近のラッキー
ログインパスワードを忘れ、あせったけど、心を落ちつけて考えたら、思い出しました
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/119-bbccd14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。