ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事編集

サドル型ドラムイス

drum-chair.jpg
活動中のバンドには、なぜかドラマーが2人おりますが、そのうちの一人がドラムイスを変えたというので、それに座ってドラムセットを叩かせてもらいました。
*
←上から見ると、まるで自転車のいす
*

いわゆる丸イスではなく、サドル型です。自転車の座るところを想像していただければ、よくおわかりかと思います。写真は暗いところで撮ったので、鮮明ではありませんが、上から見るとこんな形です。

本人曰く、「座り心地は良いものの、重い」そうです。彼は、ドラムセットの他に、ティンバレスが加わり、足カウベルも完備のトラップドラム型です。その楽器の点数といったら、よくいつも忘れ物がないなぁ、と感心させられるほど。それに、座るイスが重量アップで加わり、細身の体が、よけい細くならないかと心配です。

しかし、座り心地が良いだけに、長時間座っていてもおしりが痛くなりません。ライブなどの長時間の演奏には、適しているかと思いますが、たぶん音色には大きな変化は見られないでしょう。

私の予想では、丸イスの感触とは違うんじゃないかと思いましたが、形の違いのわりには差は感じられませんでした。違和感はなかったので、なかなか良いのでは。

あ、ただ、あまり低くならないそうです。低い位置での演奏がお好みの方は、どこかでお試しになった方がよいかもしれませんね。

ちなみに、どうしても、低い位置で、サドル型がいいというドラマーの彼は、座る部分と、下の支えの部分を別のメーカー品で組み合わせておりました。ドラマーはいろいろ工夫をしています。(それが楽しいんだな・・・)

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://doraoku.blog27.fc2.com/tb.php/10-a15735ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。