ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

真珠太郎物語 - pearl drums -

パールドラムが2010年4月5日(月)夜9時から「真珠太郎物語」っていうドラマを流すらしいんだけれど、ドラムの話みたいよ。

しかし、真珠太郎って…パールだから、そこは、はずせないんだね。

告知用サイト:http://pearl.jpn.com/shinjyu_taro_story_top.html
パールドラム:http://www.pearlgakki.com/drum/index.html

PEARL WEB連続ドラマ「真珠太郎物語」2010年春スタート!!


スポンサーサイト
記事編集

あの、ジャイアントステップまで - Baby Steps to Giant Steps -

Baby Steps to Giant Stepsジャズドラムのプレイアロング教則本なのですけれど、「Baby Steps to Giant Steps」というネーミングが泣かせるじゃありませんか。

あの、コルトレーンの曲をもじってるってわけですよね、きっと。

中身はいたって真面目です。
PDFの楽譜サンプルもありますし[ こちら ]、その楽譜のMP3サンプルもあります[ こちら ]

ドラムチャートの他に、ドラムソロ譜もあるので、参考にのぞいてみるのもいいですね。手順もついてるよ。

DVDではなく、CDがついております。


プレイアロングは、"There Never Will Be Another You", "Take the A Train", "Bye-Bye Blackbird", "Cherokee" , "Giant Steps"などの曲を含む全11曲。

記事編集

ジャパニーズ ドラム - TycoonPercussion -

Taiko Drumsドラムって言うと、アメリカをはじめとしたいわゆるドラムセットのことを考えますが、アメリカの会社が作った日本の太鼓という逆の発想もあるわけですね。

で、こちらは、カリフォルニアに本社がある、TycoonPercussion社のNagado Daikoだそうでカテゴリ的には、World Percussionの、Asianに入っております。

日本の太鼓が、外国で製造販売されているなんて、ちょっと誇らしくもなりますな。

Nagadoが、場所を指すのか意味がわからんのですが、誰か知ってる?


Taiko Drums


TycoonPercussion:http://www.tycoonpercussion.com/
記事編集

Cantaloupe Island も入ってます - Poncho Sanchez -

気楽に聴けて、なんとなくハッピーな気分になれるPoncho Sanchez[ポンチョ・サンチェス]の音楽は結構好きなのだが、今度もなかなかである。

アルバム「Psychedelic Blues」は2009/9/15の発売のようだが、ハンコックの「Cantaloupe Island」も入っている。試聴で良ければ、こちらのサイトで可能。
http://www.amazon.com/Psychedelic-Blues-Poncho-Sanchez/dp/B002HWUU4A/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1269610960&sr=8-1

アルバムジャケットのコンガのヘッドもなかなかおしゃれ。


Poncho Sanchez[ポンチョ・サンチェス] オフィシャルサイト:http://www.ponchosanchez.com/unflashed.html



記事編集

パットメセニー - The Orchestrion EPK -

Pat Metheny のアルバム「The Orchestrion EPK」は、打楽器がたくさん出てくるんですね。

一人で多重録音してアルバムを作るのは、わかるけれど、自動演奏を一緒にしてアルバムを作り上げちゃうって、また面白い発想ですね。

スティックやマレットで叩く楽器なら制御できますが、さすがに手そのものを使って音を出す楽器の音は制御できないですね(コンガなど)。でも道具は使いよう、できあがった音楽が面白ければそれでいいですよね。

Pat Metheny - The Orchestrion EPK




記事編集

5/15 締め切り - ドラム 公募 -

The Percussive Arts Society (PAS)では、若いドラマーのためのコンテストの応募者を募集している。

14–17才の部と18–22才の部の2部門。

第一次審査は、演奏時間6分以内の映像によって選ばれる。

カテゴリーは3部門。かっこ内は、審査員。
1.) R&B, Funk, Gospel [ Ndugu Chancler, David Garibaldi, Tommy Igoe, Zoro ]
2.) Jazz [ Terri Lyne Carrington, Peter Erskine, Jeff Hamilton, Ed Soph ]
3.) Brazilian/Afro-Cuban/African [Gregg Bissonette, Jimmy Branly, Walfredo Reyes Jr., Bobby Sanabria ]

応募締め切りは、May 15, 2010

応募の形式、詳細は下記を参照下さい。[英語]
http://www.pas.org/experience/contests/drumsetcompetition.aspx
記事編集

ラテンジャズ ジュークボックス 2010年3月 - Latin Jazz Network -

Latin Jazz Networkの、2010年3月の試聴リストは次の通り。
曲をフルコーラスで聴けますよ。続けて流してくれるから、それも便利。

Latin Jazz Network Radio – Jukebox – March 2010 Playlist [音が出ます]

# / Song / Artist / Album
1 / Spring Samba / Claudio Roditi / Simpatico
2 / Mi Amigo El Machista / Michael Simon / New York Encounter
3 / Danz Sol / Arturo Stable Quintet / Call
4 / Sobrevivencia / Luis Mun~oz / Invisible
5 / Descarga 1492 / Roberto Rodriguez / Timba Talmud
6 / Triunfal / Oscar Feldman / Oscar E Familia
7 / Taino Revenge / Curtis Brothers Quartet / Blood, Spirit, Land, Water, Freedom
8 / Saci Perere / Nilson Matta’s Brazilian Voyage / Copacabana
9 / Seventeen Avisale / Cachete Maldonado y Los Majaderos / Rumba Boricua Campesina
10 / Ceora / Robby Ameen / Days In The Life
11 / Blen Blen Blen / Mario Ortiz All Star Band / Tributo 45 Aniversario
12 / 376 / Manante / Para Los Engreidos
13 / Esta Plena / Miguel Zeno'n / Esta Plena
14 / Drume Negrita / Roberto Fonseca / Akokan
15 / El Comandante / Javier Colina/Antonio Serrano / Colina Serrano Project
16 / La Candela / Viento de Agua / Fruta Madura
17 / Si o Si / Dafnis Prieto / Si o Si Quartet Live at Jazz Standard NYC
18 / La Trampera / Pablo Aslan / Tango Grill
19 / Apetecible / Alain Perez / Apetecible
20 / Batiricoco / Truko y Zaperoko / En Plena Rumba

Latin Jazz Network Radio – Jukebox – March 2010 Playlist [音が出ます]
記事編集

ピンクのスティック - foxy drummer -

foxydrummerピンクのガムテープの話を書いたので、ピンクのスティックのお話も。

foxydrummer社のスティックには、ピンクがあるらしい。

カラードラムスティックのシリーズには、ピンク、白、黒の3色がラインナップ。
ただ、日本でゲットできるのかは不明。





http://www.foxydrummer.com/index.html
記事編集

ガムテープ - ドラマーの必需品 -

ドラムのセッティング図を見ていたら、ドラマーにはガムテープが必需品だよなぁと頭をよぎりました。

結構、ドラムセットとのコーディネイトで、カラーガムテープを使ったりもしますよね。一体、どのくらい色の種類があるんだろう?って調べてみました。

そしたら、10色以上あるんですね。
赤、黄色、桃色、空色、白、緑、灰色、茶色、黒、青、シルバーなど。

ピンクなんて、ちょっとひかれます。

ピンクのガムテープ


自分のロゴをガムテープで作ってみるっていうのもアリ?



[PR]カラーガムテープ (布粘着テープ) 11色
記事編集

ミシェル・カミーロ&チューチョ・バルデス ライブ

ミシェル・カミーロとチューチョ・バルデスの二人のピアニストが、東京ブルーノートでライブをやるそうな。

その名も、ピアノマスターズ。

一人でもすごいってのに、二人いたら、一体どうなるんだろ。

MICHEL CAMILO& CHUCHO VALDES[ミシェル・カミロ&チューチョ・ヴァルデス]
"Piano Masters"

2010 3.25thu.-3.29mon.
Showtimes : 7:00 p.m. & 9:30 p.m.
※3.27sat., 3.28sun.
1st Show : Open5:00p.m. Start6:00p.m.
2nd Show : Open8:00p.m. Start8:45p.m.

メンバー
Michel Camilo(p)
ミシェル・カミロ(ピアノ)
Chucho Valdés(p)
チューチョ・ヴァルデス(ピアノ)
Mayra Caridad Valdés(vo)
マイラ・カリダ・ヴァルデス(ヴォーカル)
Lázáro Rivero(b)
ラザロ・リヴェロ(ベース)
Juan Carlos Rojas(ds)
ホアン・カルロス・ロハス(ドラムス)
Yaroldy Abreu(congas)
ジャロルディ・アブレイユ(コンガ)

チャージ料金表
¥9,450(税込)

ブルーノート東京
http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/michel-camilo/
記事編集

変拍子 ミッションインポッシブル

変拍子好きとしては、テーマに変拍子の曲を持ってこられちゃうと、見ざるを得ないってわけで、神保さんのMission: Impossibleを見てたわけですが、もう、なんかさーそこまでやっちゃうとなんてコメントしたらいいかわかんないですよ。

vic firthの方のサイトは、神保彰ソロ集として「Solo with 2:3 Clave」なんてのもありますよん[映像]。ご参考にどうぞ。
http://www.vicfirth.com/artists/akira_jimbo.php

Akira Jimbo : James Bond & Mission Impossible Drum Solo


神保彰 ワンマンオーケストラ Theme from Mission:Impossible~He's a Pirate
記事編集

パンデイロマスターへの道

Marcos Suzano Presents パンデイロ・マスターへの道なんだか、とても険しい道を行くのではと名前を見ただけでびくびくしてしまいますが、マルコス・スザーノさんの、パンデイロ解説DVD[パンデイロ・マスターへの道]





中身もちょっとだけ見れるようです。




他にも、パンデイロの解説はないかと探してみましたら、LP社がパンデイロの映像をアップしていましたので、リンクしておきますね。


[intro to Pandeiro by Scott Kettner]
http://www.lpmusic.com/Play_Like_A_Pro/Tips/kettner_pandeiro_basics.html



[for mobile]Marcos Suzano Presents パンデイロ・マスターへの道 [DVD]
記事編集

ガス式のドラム椅子

ドラムのイスというと、いちいちネジで高さを変えねばならないので、結構めんどう。

でも、音が出るわけじゃないから、そんなにこだわらなくてもいいかな~と思ったりすると、ワンタッチで高さの調整できるガス式のドラム椅子は、なかなか手が出ない。

割り切って安いガス式ドラム椅子ないかいなと探してみたら、ZENNの椅子が6000円ぐらいで買えるのね。選択肢の一つにしてみたらいかが?

ZENN ( ゼン ) / DTC5000
ワンタッチで高さ調節が可能なエアーリフトタイプのドラムスローン。演奏者の入れ替えが激しい現場でも素早くセッティングが可能です。
ワンタッチで高さ調節が可能なエアーリフトタイプのドラムスローン。演奏者の入れ替えが激しい現場でも素早くセッティングが可能です。
記事編集

The Led Zeppelin Platinum Drums Series

Led Zeppelin I: Authentic Drumset Edition Led Zeppelin III Platinum Drums: Drum Transcriptions

レッド・ツェッペリンほどになると、ドラムの楽譜もシリーズとして出るわけですねぇ。すごいや、ボーナムさん。
ちなみに、曲目リストは以下の通りらしいです。

Led Zeppelin I
  • Good Times Bad Times
  • Babe I'm Gonna Leave You
  • You Shook Me
  • Dazed And Confused
  • Your Time Is Gonna Come
  • Communication Breakdown
  • I Can't Quit You Baby
  • How Many More Times





Led Zeppelin II
  • Whole Lotta Love
  • What Is And What Should Never Be
  • The Lemon Song
  • Thank You
  • Heartbreaker
  • Living Loving Maid (She's Just A Woman)
  • Ramble On
  • Moby Dick
  • Bring It On Home





Led Zeppelin III
  • Immigrant Song
  • Celebration Day
  • Since I've Been Loving You
  • Out On The Tiles
  • Gallows Pole
  • Tangerine
  • Bron-Y-Aur Stomp


 

記事編集

ダイヤモンド型のチップ スティック

タイコ叩くのに、ばちなんて適当に丸みを帯びていれば皮も破れないからどれも同じなのでは?などと、軽く考えがちですが、叩く部分の形状の他に、長さや材料、さまざまな組み合わせがあって、同じ人が叩いても違った音が出てしまう。不思議です。

まぁ、売っているスティックにあれほどいろいろなモデルがあるのですから、それはそれで理由があるってことですよねぇ。で、今回は、丸くないチップがあったので、そのお話。

この画像のスティックは、大太鼓のマレットのようなのですが、ダイヤモンド型です。すぐに減っちゃうんじゃないかしらって、貧乏根性で考えてしまいますけど、理由があってこの形なのでしょう。

Innovative Percussion - Marching Bass Drum - ABX 1-4 Arena Bass Drum

大太鼓に限らず、ドラムのスティックにも、ジェフポーカロの父ちゃんのジョーポーカロモデルがダイヤモンド型のチップでしたね。

TOTOのドラマーとして活躍した故ジェフ・ポーカロの父であり、ジャズドラマーで優れた指導者として知られるジョー・ポーカロが開発に携わった DIAMOND TIPシリーズ。 ダイヤモンド型にカットされた独特のチップを採用。 [VIC FIRTH(ヴィクファース)/VIC-JPHS5A]TOTOのドラマーとして活躍した故ジェフ・ポーカロの父であり、ジャズドラマーで優れた指導者として知られるジョー・ポーカロが開発に携わった DIAMOND TIPシリーズ。 ダイヤモンド型にカットされた独特のチップを採用。

考える方もすごいけど、作っちゃう方もすごいわ。
記事編集

Afro-Cuban Big Band Play-Along ドラムマイナス教則本

Afro-Cuban Big Band Play-Along: Drumset/Percussion ドラマーのJoe McCarthy作のドラム教則本(CD付)「Afro-Cuban Big Band Play-Along」が、2008年12月に出版されている。アフロキューバ系の曲は、自分のドラムセットに一工夫必要だから(ティンバレスとか、足クラーベとかね)、準備自体が大変だけれど、それさえクリアしてしまえば曲と演奏できるのは楽しいですね。

教則本には、CDがついているのだが、DVDのような動画はついてないため、youtubeに作者本人が模範演奏をアップしていくれているようだ。

そのうちDVDも出るだろうという情報もあるようだが確認はしていません。でも、youtubeで充分かもね。


教本の中身は、こんな感じ。








プロモーションサンプル
Afro Cuban Big Band Play Along - Soul Sauce



携帯の方はこちら
Afro-Cuban Big Band Play-Along: Drumset/Percussion

記事編集

ツインシェイカーよりキティちゃんかな

Twin Shakerこんな楽器を見つけました。シェイカーと名は付いているんですが、どう見てもマラカスをつなげたような気がいたします。ラテンパーカッション社[LP]の製品のようですが、演奏している場面を見てみたい気が。


LP Chick-Ita Twin Shaker: One-Handed Wonder


シェイカーなら、こっちの方がキュートですよねぇ。
見た目重視!キティちゃんのシェイカーです
キティちゃんのシェイカー こちらは、プレイウッド社製。[PLAYWOOD(プレイウッド)/MS-KT]]
しかし、振るにはかわいすぎる(笑)


携帯の方はこちら
キティちゃんのシェイカー

記事編集

ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100

ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100ラテン音楽の名曲を何かアレンジしようかなって考えた時に、どんな曲が有名なのかって調べるのに便利だと思うのだけれど、日本ではそれほど需要がないのでしょうか。この本はすでに廃盤だそうです。廃刊なんだけれど、図書館などにはあるかもね。

でも、著者の竹村淳さんのサイト「竹村淳のラテン音楽パラダイス」では、曲目リストを載せてくれていて、ブックマークしておきたいページです。
http://www.iris.dti.ne.jp/~take-off/JunsPage/JunsBest100.html


「とりあえず知ってないと話にならない10の超有名曲」から「日本人がしびれたラテン音楽の名曲名演10」まで、原曲を知っていると、ラテンジャズなどのテーマも幅が広がりますね。

竹村淳のラテン音楽パラダイス:http://www.iris.dti.ne.jp/~take-off/JunsPage/JunsIndex.html

『ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100 』竹村 淳


携帯の方はこちら
ラテン音楽名曲名演名唱ベスト100 (講談社SOPHIA BOOKS)

記事編集

ラテン・ファンク・コネクション - Latin Funk 教則DVD -

ラテンジャズもいいけれど、ラテンファンクなるものも、あるのです。

こちらは、チャックシルバーマン[Chuck Silverman]さんの、The Latin Funk ConnectionというDVDなのですが、いかんせん、リージョンコードがアメリカ仕様らしく、買っても再生できないおそれがあります。それほど高い品ではないので、一か八かで試してみるというのもアリですかね。

90分ほどの映像の中で、ファンクのグルーブに、ラテンフレイバーを混ぜる簡単な方法とか、もともとのファンクパターンからトゥンバオのキックパターンに変化させる方法、カスカラや、ボンゴパターンを取り入れる方法などをバーナードパーディ[Bernard Purdie]のグルーブを参考にしながら解説してくれているそうです。

リズムチャートや解説がPDFなのも現代的ね。
Chuck Silverman: The Latin Funk Connection

リージョンで、買うのを迷った方のために、動画をおつけします。やっぱり、カメラアングルは上からだとわかりやすいですね。




Chuck Silverman オフィシャルサイト:http://www.chucksilverman.com/index.html


携帯の方はこちらをリンク
Chuck Silverman-The Latin Funk Connection
記事編集

ロビーアミーン[Robby Ameen] のリーダー作

ラテン、ジャズ系のドラマーとして、活躍のロビーアミーン[Robby Ameen] が、2009年にリーダー作を出している。
Days in the Life by Robby Ameen

こちらで、収録7曲目の「Ceora」という曲が、1曲聴けますよん。
http://www.latinjazznet.com/2010/01/20/reviews/cds/robby-ameen-days-in-the-life/

Robby Ameen – Drums, Percussion
John Beasley – Piano, Hammond B3, Fender Rhodes
Lincoln Goines Acoustic and Electric Basses
Wayne Krantz – Guitar (1,2,4,6,8)
Richie Flores – Congas (3,4,5,7,9)
Conrad Herwig - Trombone (2,3,5,7)
Brian Lynch – Trumpet (2,3,5,7)


前に、「Clave Independence - by Robby Ameen -」という記事で、ロビーアミーンさんのクラーベと、カスカラの実演説明を紹介したので、そちらもよければどうぞ。

Robby Ameen オフィシャルサイト: http://www.robbyameen.com


携帯の方はこちら
Days in the Life by Robby Ameen


記事編集

ドラム練習用トラック集 - VIC FIRTH -

DRUMSET PLAYALONG TRACKSVIC FIRTH[ヴィックファース]社が、MP3の音源(マイナスドラムトラックなど)と、楽譜(ドラム譜)[PDF]を無料でアップしてくれている。

よく見るのは、ドラマー一人のページが多いのだが、今回は、ROCK、JAZZ/FUSION、FUNK / R&B、LATINの各ジャンルから、合計50トラック弱。数えるのいやになっちゃう。大盤振る舞い。まとめてくれてるって素晴らしいわ。

ダウンロードはこちらから可能。
http://www.vicfirth.com/education/drumset/playalongtrack.php

自分の練習に使うも良し、先生として生徒にやらせて見るも良し。楽しそうね。
お好きなドラマーは、いるかしら?


ラインナップはこんな感じ。[ジャンル:ドラマー名、曲名]
ROCK:Carmine Appice / Guitar Zeus, "Stash"
ROCK:Charlie Benante / Anthrax, "Superhero"
ROCK:Gregg Bissonette, "Submarine"
ROCK:Jason Bowld / Pitchshifter, "We Know"
ROCK:John Dolmayan / System of a Down, "Prison Song"
ROCK:Mike Luce / Drowning Pool, "Sermon"
ROCK:Jason Mackenroth / Rollins Band, "Stop Look and Listen"
ROCK:Rod Morgenstein, "Platt Opus"
ROCK:Eduardo Paniangua / Puya, "Ride"
ROCK:Vinnie Paul / Pantera, "Hellbound"
ROCK:Tommy Stewart / Godsmack, "Greed"
ROCK:Wuv / P.O.D., "Set It Off"
ROCK:John Wysocki / Pitchshifter, "For You"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Rock Star"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Halftime Show"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Rock Ballad"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "ZZ Shuffle"

JAZZ/FUSION:Billy Cobham, "Street Urchin"
JAZZ/FUSION:Peter Erskine, "Pesos"
JAZZ/FUSION:Peter Erskine, "Journey to the Center of the Blues"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #7: Slow Rock"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #26: Jazz Waltz/Fast"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #57: Rock Waltz/Shuffled"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #79: Very Fast Swing"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #87: Rideless Swing"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #97: Advanced Odd-Meter"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "New Ground"
JAZZ/FUSION:Steve Houghton, "Ya Gotta Try"
JAZZ/FUSION:Steve Houghton, "3/4 Fusion"
JAZZ/FUSION:Steve Smith / Vital Information, "Katahdin"
JAZZ/FUSION:Chad Wackerman, "Scream"
JAZZ/FUSION:John Wackerman/Peter Erskine, "from Drum Duets, Volume 1"

FUNK / R&B:Art Bernstein, "Full Count" (Halftime Shuffle)
FUNK / R&B:Dave Black & Steve Houghton, "America the Beautiful"
FUNK / R&B:David Garibaldi, "Back in the Day"
FUNK / R&B:Donny Gruendler, "Is That Okay?"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #15: R&B/Fast"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #67: Funk"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #74: Backbeatless R&B/Hip-Hop"
FUNK / R&B:Jeff Salem, "Trump Tower"
FUNK / R&B:Dave Weckl, "Shuffle (Blues)"
FUNK / R&B:Zoro, "Sho-Nuff"
FUNK / R&B:Zoro, "The Funky Monk"

LATIN:Art Bernstein, "Fridge" (Afro-Cuban 6/8)
LATIN:Steve Houghton, "Island Hopping" (Reggae)
LATIN:Steve Houghton, "Songo"
LATIN:Tommy Igoe, "Groove Essential #32: Samba/Slow"
LATIN:Tommy Igoe, "Groove Essential #42: Songo/Fast"
LATIN:Vera Figueiredo, "Vera Cruz Island"

記事編集

ロゴステッカープレゼント - パール -

パール マンスリープレゼント3月楽器メーカーのパールが、WEBアンケートに答えた人の中から毎月抽選で、「パール、セイビアン、レモ、ヴィックファース、スペクター、ヒュース&ケトナー」などのプレミアム・グッズを月替わりでプレゼントしている。


パール・ロゴステッカー(大)3月のプレゼントは、20名にパール・ロゴステッカー(大)(デカールタイプ・非売品)だそうです。

●応募期間は平成22年3月1日(月)~3月31日(水)

応募方法などは、こちらを参考にして下さい。
http://www.pearlgakki.info/pearl_monthly_preaent_1003.html

そんなに難しいアンケートじゃなかったよ。
記事編集

奨学金応募者募集中 - ジルジャン・スカラーシップ -

シンバルメーカーのzildjian[ジルジャン]では、世界の音楽大学生向けに奨学金を出している。今回で6回目となる2010年度の申込期限は、[Application deadline: June 4th, 2010]と書いてあるので、6月4日までだね。

受賞者には、5000ドル、ジルジャン社訪問の交通費(受けとるシンバルを選べるっぽい)、Percussive Arts Societyの1年間の登録とある。



課題曲は
2010 Kerope Scholarship Cymbal Etude
http://www.zildjian.com/en-us/about/2010Etude.pdf

長い解説と共に、模範演奏も提示してくれています。
http://www.zildjian.com/en-US/zVideos/videos.ad2?VID=130

さすが、シンバルメーカーだけに、シンバルのエチュードが課題なんだね。

詳しくは、ジルジャン社のサイトを参照してね。
申込方法や、募集要項が書いてあります(英語だぞ!)
奨学金のページをリンクしておきますね。
http://www.zildjian.com/EN-US/about/givingback.ad2

ジルジャン社 オフィシャルサイト:http://www.zildjian.com/EN-US/home.ad2

日本人で、受賞した方もいるようですぞ。
Tatsuya Yoshinaga
http://tatsuyayoshinaga.com/japanese.aspx
彼のBiographyのページで、表彰状の画像がアップされていますよ。

正確な情報は、自分でご確認のほど。

記事編集

ドラムセットでのクラーベ - Antonio Sanchez -

Antonio SanchezPatMetheny[パットメセニー]のアルバムなどにも参加のドラマーAntonio Sanchez[アントニオサンチェス]が、LP社のページで、ドラムセットの中での、左足クラーベパターンなどの説明を動画でしてくれている。

まぁ、しかし、器用よねぇ。左足クラーベして、バスドラトゥンバオで、右手はカスカラ、左手コンガパターンとか、何人分やるんだっつーの。初めてそんなパターンを知った時には、愕然としましたが、今や、なんだかそんなアクロバットなことも普通に…

オリンピックの競技の難度がどんどん上がるのにも似てますね。

真上から見たカメラワークもあるので、とても参考になりますよん。


Clave on a Drumkit by Antonio Sanchez


アントニオサンチェス オフィシャルサイト:http://www.antoniosanchez.net/


Antonio Sanchez: Master Seriesこんな、商品もあったんだけれど、web上を見てもあまり積極的な感想がないところをみると、売れなかったのかしらん?

記事編集

スティールパン奏者とのアルバム - カリプソ大学 -

カリブ海の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された楽器、スティールパンの奏者Andy Narell[アンディ・ナレル]と、Relator[リレイター]の二人が作ったアルバム「University Of Calypso」というのがあるのだが、カリプソとジャズを見事に融合した作品だそうだ。

Paquito D'Rivera(cl,as)[パキート・デリベラ]が参加しているあたり、ラテンジャズを思わせる。まぁ、スティールパンの音自体ほんわかしているから、ドライブとかに聴くといい感じな気がする。

HMVのサイトで試聴可能
Andy Narell/University Of Calypso [HMV]
9曲目「Hold Onto Your Man」最初のあたりにちょっとだけPaquito D'Riveraが聞こえた(笑)

[for mobile]University of Calypso


山脇 妃見子(やまわき きみこ)調べていたら、スティールパンスクールってあるんですね。日本でも習えるんですね。

写真は、スティールパンの講師の方だそうです。

スティールパンスクール
http://www.nonaka-boeki.com/j/information/panschool/index.html



カリプソについて、知りたい人は、こちらがいいと思います。
bounce.com の テキスト から
第40回 ─ CALYPSO[文/ワダ マコト]
http://www.bounce.com/article/article.php/5403/ALL/
I カリプソの成り立ちと特徴
II それでは実際に聴いてみよう! (その1)
II それでは実際に聴いてみよう! (その2)
III その後の流れと現在のシーンに見るカリプソの影響

記事編集

drum!drum!drum! - 動画でレッスン -

drum!drum!drum!こりゃすごいって、見てるのが、kou-crispyさんのブログ「drum!drum!drum!」というサイトです。

ルーディメント関連を一つずつ説明して、楽譜もついて、しかも動画までついてる~!

とても、時間がかかることだと思うのですが、見る方にとってはとても素晴らしいサイトだと思います。まさに、研究って感じです。

例えば、「ルーディメンツ データベース」という記事では、ROLL系、PARADIDDLE系、FLAM系、DRAG系と過去に書いてきた記事の総まとめをして、わかりやすくしてくれています。

「drum!drum!drum!」
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/


ルーディメントといえば、こちらもお薦め。

記事編集

サパテオ

インターネットでサパテオと検索すると、靴屋かフラメンコの記事がヒットしますが「サパテオ」というリズムがあるのをご存じですか?

前に、Barbarisimo by Frank Emilio Flynn -Cuban Drums Selection 1997年版 その19-という記事の中で紹介したCDに、サパテオのリズムが入っていたのですが、キューバのリズムのようです。

先日スペインを舞台にした小説「カディスの赤い星」[逢坂 剛]を読んでいたら、サパテアードという言葉が出てきたので、ちょっと思い出しました。

「やがてペルラは興が乗ったのか、手拍子を打ちながらサパテアード(靴の踏み鳴らし)を始めた。踊り(バイレ)は専門ではないはずだが、なかなか堂に入ったサパテアードだった。」
カディスの赤い星(下)[逢坂 剛]から

ラテンアメリカ諸国は、ブラジルを除いてスペイン語を主に使っているようですが、サパテオもサパテアードもスペイン語。フラメンコの靴を踏みならす音が、リズム名になっていくことを考えた時、言葉だけではなく文化も変化して伝わっていった軌跡がこんな所にも見られるんですね。

スペインは行ってみたいところの一つです。


携帯の方はこちら
新装版 カディスの赤い星(上) [逢坂 剛](講談社文庫)


記事編集

バスドラの低音強調 - KickPort -

kick portどんなドラムセットを使っていようと、まぁ、バスドラは低い音を出しますよねぇ。

KickPort[キックポート]というアイテムは、画像のバスドラを売っているわけではなくて、バスドラの穴に装着して低音域を出すものらしいです。

小さいバスドラ使ったセットの時にも使えるんだったら、持ち運びに便利よねぇ。大きいセットじゃなくていいし。


こちらが、拡大した画像。

バスドラの低域を強調:KICKPORT





こちらは、使ってみたレポートを映像で紹介してくれています。
funtaのブログ「KickPortのチューニング映像」では
「しゃべりが苦手だから無声映像にしてるのに、音の変化に思わず「お?...おおー!」って」という感じで、変わったようです。
http://ameblo.jp/adish/entry-10404558156.html




KickPort International のサイトにある、映像もリンクしておきます。

これをつけると、ほら、こんなに音が低くなるんだ的な、ストーリーになっております。


KickPort International [製造元サイト]


携帯の方はこちら
バスドラの低域を強調:KICKPORT
記事編集

シェケレ

シェケレ先日、シェケレプレイヤーを父に持ち Yosvany Terry[ヨスバニー テリー]という記事をかきましたが、ラテンパーカッション[LP]社のページに行ったら、たまたまシェケレの宣伝をしていたので、画像をリンクさせてみました。

こんな形の、楽器でございます。もともとは、ひょうたんで作るんですが、これは、ファイバー製かな。

にっこり笑っているのが、Jim Greinerさんという方らしいのですが、彼のモデルだそうです。

Old World Meets High Tech: The LP Jim Greiner Shekere

LP社のサイトに行きますと、シェケレの音源もありますよ。

ブログ:[「だがっき」と「おと」の庵]:「シェケレ Shekele」という記事では、
「西アフリカ(ヨルバ族)起源の楽器でキューバでの宗教儀式であるサンテリアで使われることで有名。」と写真入りで説明してくれています。


世の中には、シェケレの本って、あるんだね。

[ gourd ]は「ヒョウタン」のことだって。

Shekere: The Story of a Gourd (ペーパーバック)
Marta Gonzalez (著)




携帯の方はこちらをどうぞ。
[for mobile]Shekere: The Story of a Gourd

記事編集

ドラマー的、アマゾン送料無料作戦 mission-3

最近、[フリー]という本を読んでいるのだが、その中で、アマゾンの送料についての記事があって、送料無料にするためにあとちょっと何か買おうという需要に触れていた。

そこで、アマゾンの中で、ほどほど安くドラマー的なものはないかなと、探してみた。

今日は、最後(もういいよ…)。


名前は、「RHYTHM RING リズムリング」というそうなんですが、見た目、最初は何だか分かりませんでした。

しかし、リズムとついているから、ドラムに関係あるのか?と解説を読んでみました。

「マラカスのようなシェイク音が出せる楽器ですが、指に装着できるのでマラカスのように手のひらで楽器を握り締める必要がありません。」

つまり、指にはめて振ると、音が出るってわけです。

「ゴム製のストラップなのでどなたの指でもしっかりフィット。 カホン、ジャンベ、ボンゴ、コンガなどのパーカッションといっしょにプレイしたり、ギターやウクレレなどとのプレイも面白いかもしれません。 」

その使い方も面白いですよねぇ。これは、動画を見つけました。


youtube [PoePoe リズムリング]


PoePoeスタッフのブログ:PoePoe リズムリングでは、
「アメリカで開かれたNamm Show(世界楽器ショー)で見つけました」
とあります。
http://blog.goo.ne.jp/poepoeblog/e/8ca552a6088dc0f76ef86cbdddb6d3fc


携帯の方はこちらをどうぞ
[for mobile]フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
[for mobile]RHYTHM RING リズムリング

ちなみに、2010年3月31日までは、注文代金にかかわらずアマゾン送料無料キャンペーン中ですね。


全3回を予定しております。
ドラマー的、アマゾン送料無料作戦 mission-1
http://doraoku.blog27.fc2.com/blog-entry-586.html

ドラマー的、アマゾン送料無料作戦 mission-2
http://doraoku.blog27.fc2.com/blog-entry-587.html

[今回]ドラマー的、アマゾン送料無料作戦 mission-3
http://doraoku.blog27.fc2.com/blog-entry-588.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。