ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

テンポのこと

メトロノーム以前、アレグレットというテンポの数値はいくつなんだろうという疑問で、記事をいくつか書きました。



1話:アレグレット
2話:アレグレット 2
3話:Allegretto は
4話:どっちなのだ
5話:誰か、発明品を見てるかな?
6話:セイコーに聞いてみた


その時は、数値だけがとにかく知りたかったので、その周辺の資料を見たり、聞いたりして、考えましたが、最近、はたと気づきました。

今や、デジタルで、正確な数値によってメトロノームを鳴らすことができますが、大昔の作曲家は、そんな便利な物なんて持ってもないし、そもそもメトロノームなんて概念もなかったことでしょう。

楽譜という再現可能な媒体ができて、そしてその楽曲を再現する際に、いかに言葉によってそのテンポを伝えるかというのが、大問題になったに違いない。

すると、一定速度を保つ運動から「アンダンテ(歩くような速さで)」を思いついたのは、自然な感じがします。では、アンダンテより、速めがいいからアンダンティーノねとか、次々言葉で考えつくことができますね。

そうやって、自然発生的に言葉による音楽の速さ表記が生まれてくると、今度は再現する側の言葉のとらえ方によって、楽曲が変わってしまうかもしれませんね。でも、それは仕方のないこと。

今や絶対基準の数値によって、きっちり決まってしまいますが、アナログな言葉による速さというのも、数値にはない楽譜のまわりの空気みたいなものが伝わってきて、人間くささという点では、実はよく理解できるものなのではないのかなと、数値主義をちょっと改めた今日この頃。
スポンサーサイト
記事編集

ドラムの先生のためのヒント - The Hudson Music Teacher Integration Program -

Teacher Integration Program日々、楽器をうまく演奏できるようにするには、どうしたらいいのかな?と考えているのは、楽器を習っている人だけじゃなくて、先生ももちろん考えていると思います。

ただ、先生の場合、ある程度すでに知識があるわけですから、ちょっとしたヒントになるものが欲しいという生徒とは違ったところにニーズがあると思います。自分の演奏のためになるだけじゃなくて、どうやって生徒に還元するか、というような。

ドラムの教則本を何冊か出しているアメリカのHudson Musicという会社は、その、教則本に「The Hudson Music Teacher Integration Program」という、ドラムを教える側のヒントを無料で提供してくれています。

「先生のための」という言葉にふさわしく、この曲をやるには、この文献が参考になりますよ、という教本の紹介などもあります。まぁ、そりゃ、ある程度広告的な本もあるでしょうけどね。

例えば、
mayer-secret-weaponsSecret Weapons for the Modern Drummer - Jojo Mayer[PDF]


まだ、数は少ないようですが、 情報を出してくれているのですから、利用しない手はないですよね。
情報を利用して、ドラムの演奏がブラッシュアップできれば、また新しいドラムの楽しみ方が増えて、その演奏を見た人がドラムを好きになったり、やってみようって思ったら、ドラムの人口も増えるかも!なーんて、楽しいサイクルを考えちゃいます。

「The Hudson Music Teacher Integration Program」


記事編集

THE KELLY SHU -バスドラの中にマウントするマイクスタンド-

THE KELLY SHUバスドラムの音を拾うと言えば、あの、穴を開けたところに、マイクスタンドを差し込むのを思い出しますが(ブームスタンドだったっけ?)、バスドラに付けちゃうのが出ました。

びっくりよね。

バスドラの胴の中に付けることもできるし、リムを利用してつけることもできるみたいですよ。馬につける蹄鉄を思い出します。

日本で売っているかはちょっとわからないですよん。

言葉で説明してもよくわからないでしょうから、画像で見てね。

THE KELLY SHU
http://kellyshu.com/


THE KELLY SHUリムを利用



記事編集

あけましておめでとうございます

日の出あけましておめでとうございます。

最近、日の出を見るのが好きなのですが(冬は遅い時間だしね)、海からの日の出もいいね~。

去年、テーマを決めて、ブログを書いていったのですが、調べたり、考えてみたりが結構楽しかったので、今年もこの路線でいってみようかな、と思っています。

きっと、すご~くマイナーなことがテーマになりそうだけれど、まぁ、ブログで書くぐらいは許されるでしょう。

今年もよろしくね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。