ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

久しぶりに -ザ・ラテン・ベース・ブック -

ラテンベースブック私が、前に書いたザ・ラテン・ベース・ブックの記事を見た方から、お便りがありまして、TAB譜はついているのか、というお問い合わせをいただきました。

確認しましたところ、TAB譜らしきものは、ありませんでした。

はじめっから終わりまで、5線の楽譜でございました。TAB譜で構成されていたら、むしろ私には、おてあげでございます。

はやく読めるようになりた~い [ いったい何のため? ]

で、せっかくの機会なので、読み返そうかなと思います。そのうちまたプレビュー書きますね。

しかし3枚もCDついてたのね。

スポンサーサイト
記事編集

ロイさん

Roy Burns昨日書いた白髪ダンディドラマー、ロイさんの、バイオグラフィがありました。

ドラムヘッド作ってる会社のオーナーらしいです。プレイヤーにして、社長。ドラムソロもなかなかナイスです。

Roy Burns  Biography

AQUARIAN drumheads[ 画面の左下にロイさんのドラムソロへ行くリンクがありますぜ ]




記事編集

ロイさんのロール

ドラム白髪のナイスなダンディな割に、きっちりロールしてくれてます。

ロイさんという名前はわかったんですが、よく知らなくてすみません。

ロイさんのロール [ RealPlayer映像 ]


記事編集

バナナ

バナナ先日、スーパーを通りかかったらバナナを売っていた。そんじょそこらのバナナではなく、"フィリピン産"らしい。

しかも、"おいしい"と書いてあるのでなかなか期待がもてそうだ。

ところが、よく見ると、キャッチコピーはそれだけではない。

[築地のおいしいフィリピン産バナナ]

となっている。
そこまで言われると、もうわけがわからない。フィリピンに思いを寄せていたら、突然「築地」。

グローバルなバナナだなぁ、とちょっと、笑いをこらえつつも、そういやドラムだって、
アジアで作ったアメリカのメーカーのドラムが日本で販売、
という状態を考えると、スーパーの店員さんの気持ちもわからないではない。だっていかにこのバナナが素晴らしいかをアピールするのに、いろいろなフレーズを考えたに違いないもの。

食べ物にしたって、楽器にしたって、どこで作ったのかって重要だけれど、やっぱり、最終的においしければ、いいんだと思うんだけどね。つい、ブランドを気にしすぎちゃって、実は偽装なんてコトにならないように、自分の五感を大切にしたいよね、って思う今日この頃。

記事編集

サイバードラマー - ドラム・コンピューター・ケース -

Spotswood Drum Computer Caseドラマーなら、やっぱり、パソコンもドラム(笑)

すごいです。この写真じゃわかりにくいでしょうが、これは、れっきとしたパソコンのケースです。

パソコンのケースがドラムの形してるなんて、誰が買うんでしょうか。商売する気があるのかは、不明ですが、自分でパソコン組み立てられる人じゃないとだめじゃないですか。

でも、パソコンのケース開けるのに、チューニングキー使うなんて、とっても魅力ですわよ。

ちなみに、5色だったカラーが、2色増えたそうです。

組あがったところを見たい人はこちら[映像5分くらい]

Spotswood Drum Computer Case


記事編集

ウォームアップ エクササイズ - 5-5-3 Exercise -

ドラム準備運動しようね - 腕のストレッチ -で、準備についてふれましたが、腕を柔らかくしたあとは、スティックでウォームアップ。

こちらの映像は、シングルストロークで、5-5-3のフレーズを組み合わせてやると良いのだよと、言ってくれておりますが、実際に数えたところ、
5-5-3、 5-5-3、 5-5-5-5-3-3
とやっております。

たぶん、文字で説明されるより、見た方が分かりやすいです。奇数にすると、シングルの場合始まる手が反対になるから、ウォームアップにはいいですね

5-5-3 Exercise (video)(全部で1分38秒の40秒くらいから、叩いてくれます)



記事編集

手裏剣?! - Cross Crasherz -

Cross Crasherz音より何より、このフォルム。

Factory Metal Percussion社のCross Crasherzというシンバルですが、他にも、バリエーションがあるようです。

さすがに、始めて買ったシンバルが、これだと、使い勝手が悪そうですが、ライブのお供にすると、話題を30秒ぐらいさらえます。

ちなみに、投げたら痛そうです。[よい子はやめてね]


記事編集

調整ねじつき - Magnetic Head Torque Key -

Magnetic Head Torque Key by Evansチューニングキーも、クリップとか、カラーとか、いろいろバリエーションがあるって、自分でブログ書いててわかってきたんですけれど、Evansのは、どうやら、締め具合が、調整できるようです。

映像

Magnetic Head Torque Key[解説]

Evansは、いろいろなチューニングキーがあるようです。あいまいで、すみません。



記事編集

準備運動しようね - 腕のストレッチ -

andy-harnsbergerパーカショニスト Andy Harnsbergerさんによる、腕のストレッチが紹介されております。説明は英語ですが、写真入りなので、写真で、理解してねん。

Andyさんは、マリンバ奏者のようですが、打楽器という点ではドラムも同じでしょう、きっと。演奏中にグキッとなる前に、ちゃんとウォームアップしとこうね、てな具合です。

ビリー教官よりは、簡単よ。


Stretching for Pain-Free Performance
[PDFです]


記事編集

drummer's collective: 25th anniversary & bass day 2002

2002年11月24日に行われたDrummers Collective 25周年記念のイベントのビデオの映像クリップ。

Steve Gadd、Dave Weckl、Horacio “El Negro” Hernandez、Steve Smith & Victor Wootenの演奏がちょこっとだけ見れます。

Steve Smith & Victor Wootenのパフォーマンスは、まるで、ドラムにBASS音源がついてるみたいで、面白いよ。Drummer's Dayじゃなくて、BASS Dayでもあるから、見れる演奏って感じ。

drummer's collective: 25th anniversary & bass day 2002 [映像]

Drummers Collective 25th Anniversary Celebration[DVDについて]

ちなみにdrummer's collectiveはニューヨークにある音楽学校。



記事編集

子どもさんにおすすめです - Mister C Music -

ドラムセットドラムセットの画像があって、タイコやシンバルにカーソルを持っていくと、音が鳴るんです。タムも、ちゃんと、音が低くなっていきますよ。

子ども向け教材の、販売サイトのようですが、楽しい仕掛けですね。

Mister C Music



記事編集

すべりません - GRIP PEDDLER -

GripPeddlerドラムのペダルに貼り付ける、滑り止め用パッドのようです。写真じゃわかりにくいかもしれませんが、ペダルじゃなくて、ペダルに貼るパッドです。

ポリウレタン製ってことは、はだしでも、つべたくないのかしらん。

いくつか、種類があるようなので、自分のペダルにあってるか調べてから、買おうね。

Grip Peddler(英語)

Grip Peddler(日本語)


記事編集

最高デス! - Sonic Chair -

Sonic Chair不思議な丸い物体、これは、イスなんだそうよ。

「最高の音響効果を追求した」そうで、どんな音がするのかしらね。このイスが、おうちにあったら、かなり未来的なお部屋になりそう。

お値段は高め。ドイツ製。目玉オヤジを想像したのは私だけ?


サウンドの中心に座りこむ! 最高の音響効果を追求した「Sonic Chair」発売


「Sonic Chair」



記事編集

あんまり幸せそうなので - Alex Acuña Official Website -

Alex Acunaなかなか、カウベルを叩く姿が「まぶしいっ」って感じには、なりませんが、アレックスさん、さすがです。

ラテンは、あつっくるし~ってのに、むしろ爽やかな風が。。。

Alex Acuña Official Website



[あんまり幸せそうなので - Alex Acuña Official Website -]の続きを読む
記事編集

ここにも、カラーのスティックケース - NAHOK社製スティックケース -

nahok DRUM LINE スティックケ-ス黄色いのね -Zildjian stickcase-の記事で、zildjian製のカラーのスティックケースのことを書きましたが、こちらは、ドイツ製特殊防水生地スーパーティルトってやつを使っているようです。

防水が泣かせますねぇ。最近は携帯電話も防水ですから、スティックくんも、守ってあげないとね。

色は、レッド、イエロー、シルバー。見た目がとってもきれいです。ちなみに、スネアケースやシンバルケースもあるようなんですが、ケースにしちゃちょっとお値段がはります。

nahok germany

こちらの写真の方がわかりやすいかな?



記事編集

ただそれだけなんて... - Robokey 4X -

Robokey 4Xドラムのチューニングキーが、手元で1回転すると、ねじ部は4回転するそうです。

「ただ、それだけです!!」
って、コピーには、書いてあるんですが、使う人には4倍ってすごいっ!って思うと、思うんだけどな。

ヘッドの張り替えに、手首が腱鞘炎になっちゃいそうになるもんね。

Robokey 4X 映像リンクもありますよ

USAのサイトはこちら


記事編集

Hangってなんだろ? - PANArt社製楽器 -

PANArt社製楽器 Hang
PANArt社製楽器 Hangの販売中止のお知らせなんて記事を見かけたんですが、Hangって何かしら?と思い、ネットサーフィンしたら、打楽器のようです。

しかも、なんだか不思議な音がして楽しそう。座って手で叩く、アジア風スチールドラムって感じかなぁ。

叩きながら、癒されちゃいそう。

こんなところを見ると、使い方がわかりますよ。
Dante Hang Drum Improvisation Watch Video

参考:Hang-Music.Com



記事編集

Clave Independence - by Robby Ameen -

Robby AmeenHoracio Hernandezさんとも、一緒に演奏したりのドラマーRobby Ameenさんによる、クラーベと、カスカラの実演説明があります。

16系の時と、3連系の時のクラーベの違い、トゥンバオに合わせたキックの入れ方なんてのも、演奏で、わかりやすく見せてくれますよ~。

なんてったって、ラテンドラムの基本ですからね~(^^)

The Latin Quarter [Clave Independence]
メニューはこんな感じ
1.3-2 clave
2.Clave with 1/16 note snare
3.Clave against triplets
4.One measure of the 1/16-note clave / One measure of the triplet clave
5.One half of the clave as 1/16 notes / One half as triplets
6.Introduction to Cascara Pattern
7.Cascara pattern against the left-foot clave
8.AND of TWO on the 2side of the clave
9.AND of TWO on the 3 side of the clave
10.AND of TWO on both sides of the clave
11.AND of TWO on both sides of the clave and beat FOUR
12.Solo Performance


記事編集

ピッチコントロール - SilverFox Percussion -

スティック最近じゃ、ドラムのスティックも1本ずつ売っていて、たくさんあれば好きな組み合わせを選ぶことも出来ますが、2本セットで売っていると、そうもいきません。

SilberfoxPercussion社は、ピッチを測って、良い組み合わせを2本組にしているらしいです。

へぇ~アナログなような、デジタルなような、こんなふうにやってるのねぇ。まっすぐ転がるかとか、重さでも選別 [手作業なのが、ほほえましい] してますよ。

SilverFox Percussion [FactoryTour]Quality Control!の巻(windows media player)



記事編集

本物志向? - Fruit and Vegetable Shakers -

Fruit and Vegetable Shakers前に、れもれもんという記事で、レモン形のシェイカーのことを書いたんですが、Tycoon PercussionFruit and Vegetable Shakers は、さらに見た目がリアルすぎます。

全種類を、バスケットに飾ったら、よもや楽器には見えません。フルーツバスケットもありますが、野菜バージョンもあるようです。

音源サンプルがないから、音は確認できません。でも、シェイカーだけでパフォーマンスできそうです。

千葉県なので、ピーナツの画像にしとくね

記事編集

低反発 -Canopus ハイブリッドドラムスローン「CDT-1HY」-

ハイブリッドドラムスローン「CDT-1HY」音には全く関係有りませんが、ドラムのイスって結構重要ですよね。

すぐぐらぐらしちゃだめだし、なんてったって、体を支えているんですから、長時間座ってても、疲れないのが一番ですが、使ってみないと、わからない。う~む、困った。

どれもこれも、100%いいっ!ってわけにはいかないですねぇ。今のところ、個人的にはTAMAのが、気に入っております。

さて、この、Canopusのイス、硬めの低反発シートを採用らしいです。低反発って言われただけで、なんかすごそうです。実際にさわってみたいなぁ。

しかも、シート部とレッグ部が別売り。カスタマイズが出来ちゃうなんて、うれしいですねぇ。

Hibrid Drum Throne



記事編集

いつの間に -THE REAL BOOK - VOLUME 2-

ジャズのテーマを集めたリアルブックが、合法化されて出版、は知ってましたが、VOLUME 2が、いつのまにか出てたのね。

ということは、次もあるってことかしら?

ジャズプレーヤーだけじゃなくても、たくさんの曲が収録されているので、ミュージシャンなら、1家に1冊!おすすめです。

あ、でも、最初はVolume1を買った方がいいと思う。。。(笑)

THE REAL BOOK - VOLUME 2


THE REAL BOOK - VOLUME 1 Sixth Edition For All C Instruments


記事編集

磨きました

CYMBAL CLEANING POLISHさっそく、買ってきたCYMBAL CLEANING POLISHで、シンバルを磨いてみました。

確かに、シンバルくんは、美しくなりましたが、油性の文字は書いた跡が残ってしまうんですね。マジックペンの黒い色は、取れるんですが、透明に、文字の跡だけ残っています。

ロゴは、消えちゃうといやなので、磨きませんでした。

ちなみに、消しゴムをかけるとぴかぴかよ。


記事編集

キューバの心を歌う「トローバ」3巨匠

キューバの心を歌う「トローバ」3巨匠2007年で第23回を迎える<東京の夏>音楽祭というのが、あるらしいですが、今年のテーマは「島へ - 海を渡る音」。

島へっていうと、そうそう、キューバも島ですよ!

で、
キューバの心を歌う「トローバ」3巨匠>ビセンテ・フェリウ&ラサロ・ガルシア&アウグスト・ブランカ キューバ、ヌエバ・トローバ (新しい歌) の夜
というイベントもあるそうです。

■日時:7月30日(月) 19:00
■会場:浜離宮朝日ホール
■チケット:指定一般:\5,000 指定学生: \3,000

打楽器的には、ちょっと地味かしら?

ちなみに「ヌエバ・トローバ」の解説もありますよ。



記事編集

スネアドラマー石川直さんのインタビュー

スネアドラマー石川直ただのドラマーじゃなくて、スネアドラマーってところが、男らしいです(笑)

ヤマハの「おとなを、休む日」というサイトに、スネアドラマー石川直さんのインタビュー記事が掲載されています。

いろいろなドラマーの生き方が、あるんですねぇ。

石川直さんのインタビュー記事


記事編集

Remo - tubanito -

remo tubanitoあら、REMOさんも、LPから出ているのジョバンニさんのコンパクトコンガみたいのが、あるんですねぇ。

こちらは、大きさが1種類。


REMO tubanito
[映像で、説明してくれてます]



[Remo - tubanito -]の続きを読む
記事編集

長いバンド名です - Jazz on the Latin Side All Stars -

Jazz on the Latin Side All StarsJazz on the Latin Side All Stars、というバンドがあるんですが、名前も長いけど、人数も多い。20人近く写真には写っております。その中に、ドラマー、パーカッションの、アレックスアクーニャさんや、コンガのポンチョサンチェスさん、フルートのDanilo Lozanoさんなど、結構面白いメンバー(個人的判断)なので、勝手に、ご紹介しておきます。

ジャンル的には、ラテンジャズかな。

サイトに行くと、音楽が流れるから、音量には気をつけてね。

Jazz on the Latin Side All Stars




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。