ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

5つ割のアクセント移動  - modern drummer 誌 -

Modern DrummerModern Drummer誌では、web上での雑誌の紹介に練習フレーズが音源と共にアップされているのだが、今回は「5つ割のアクセント移動」です。

8系や16系の中や、3連系の中で、5つを入れていくことでアクセントが移動していきますよっていうことなのですが、アクセントに当たる部分をタムに移動したりすることで、ドラムソロ的なフレーズも出来ますから、お試しあれ。

今回は、どうやら音源はないみたいです。

http://www.moderndrummer.com/



8系
Lick Of The Month ex 1
3連系
Lick Of The Month ex 2
16系
Lick Of The Month ex 3

スポンサーサイト
記事編集

バスドラのダブル 練習用フレーズ - modern drummer 誌 -

Modern Drummer Magazine April 2010Modern Drummer誌では、雑誌の紹介の中に練習フレーズが音源と共にアップされているのだが、「バスドラをダブルで打つ時の、練習フレーズ」です。

http://www.moderndrummer.com/


jazz/fusion ドラマーのSteve Hassさんによるものということだが、まず基本練習として、スネアとバスドラでの譜例。[音源は、譜例の画像にリンクされています]

Feb Lick of the Month 1

次に、手をタムにも移動したもの。[音源は、譜例の画像にリンクされています]
Feb Lick of the Month 2

ダブルで打っていたバスドラを、一発目を左足のハイハットにしてみたもの。[音源は、譜例の画像にリンクされています]
Feb Lick of the Month 3

記事編集

ドラム練習用トラック集 - VIC FIRTH -

DRUMSET PLAYALONG TRACKSVIC FIRTH[ヴィックファース]社が、MP3の音源(マイナスドラムトラックなど)と、楽譜(ドラム譜)[PDF]を無料でアップしてくれている。

よく見るのは、ドラマー一人のページが多いのだが、今回は、ROCK、JAZZ/FUSION、FUNK / R&B、LATINの各ジャンルから、合計50トラック弱。数えるのいやになっちゃう。大盤振る舞い。まとめてくれてるって素晴らしいわ。

ダウンロードはこちらから可能。
http://www.vicfirth.com/education/drumset/playalongtrack.php

自分の練習に使うも良し、先生として生徒にやらせて見るも良し。楽しそうね。
お好きなドラマーは、いるかしら?


ラインナップはこんな感じ。[ジャンル:ドラマー名、曲名]
ROCK:Carmine Appice / Guitar Zeus, "Stash"
ROCK:Charlie Benante / Anthrax, "Superhero"
ROCK:Gregg Bissonette, "Submarine"
ROCK:Jason Bowld / Pitchshifter, "We Know"
ROCK:John Dolmayan / System of a Down, "Prison Song"
ROCK:Mike Luce / Drowning Pool, "Sermon"
ROCK:Jason Mackenroth / Rollins Band, "Stop Look and Listen"
ROCK:Rod Morgenstein, "Platt Opus"
ROCK:Eduardo Paniangua / Puya, "Ride"
ROCK:Vinnie Paul / Pantera, "Hellbound"
ROCK:Tommy Stewart / Godsmack, "Greed"
ROCK:Wuv / P.O.D., "Set It Off"
ROCK:John Wysocki / Pitchshifter, "For You"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Rock Star"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Halftime Show"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "Rock Ballad"
ROCK:Mark Wessels / "A Fresh Approach to the Drumset", "ZZ Shuffle"

JAZZ/FUSION:Billy Cobham, "Street Urchin"
JAZZ/FUSION:Peter Erskine, "Pesos"
JAZZ/FUSION:Peter Erskine, "Journey to the Center of the Blues"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #7: Slow Rock"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #26: Jazz Waltz/Fast"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #57: Rock Waltz/Shuffled"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #79: Very Fast Swing"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #87: Rideless Swing"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "Groove Essential #97: Advanced Odd-Meter"
JAZZ/FUSION:Tommy Igoe, "New Ground"
JAZZ/FUSION:Steve Houghton, "Ya Gotta Try"
JAZZ/FUSION:Steve Houghton, "3/4 Fusion"
JAZZ/FUSION:Steve Smith / Vital Information, "Katahdin"
JAZZ/FUSION:Chad Wackerman, "Scream"
JAZZ/FUSION:John Wackerman/Peter Erskine, "from Drum Duets, Volume 1"

FUNK / R&B:Art Bernstein, "Full Count" (Halftime Shuffle)
FUNK / R&B:Dave Black & Steve Houghton, "America the Beautiful"
FUNK / R&B:David Garibaldi, "Back in the Day"
FUNK / R&B:Donny Gruendler, "Is That Okay?"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #15: R&B/Fast"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #67: Funk"
FUNK / R&B:Tommy Igoe, "Groove Essential #74: Backbeatless R&B/Hip-Hop"
FUNK / R&B:Jeff Salem, "Trump Tower"
FUNK / R&B:Dave Weckl, "Shuffle (Blues)"
FUNK / R&B:Zoro, "Sho-Nuff"
FUNK / R&B:Zoro, "The Funky Monk"

LATIN:Art Bernstein, "Fridge" (Afro-Cuban 6/8)
LATIN:Steve Houghton, "Island Hopping" (Reggae)
LATIN:Steve Houghton, "Songo"
LATIN:Tommy Igoe, "Groove Essential #32: Samba/Slow"
LATIN:Tommy Igoe, "Groove Essential #42: Songo/Fast"
LATIN:Vera Figueiredo, "Vera Cruz Island"

記事編集

drum!drum!drum! - 動画でレッスン -

drum!drum!drum!こりゃすごいって、見てるのが、kou-crispyさんのブログ「drum!drum!drum!」というサイトです。

ルーディメント関連を一つずつ説明して、楽譜もついて、しかも動画までついてる~!

とても、時間がかかることだと思うのですが、見る方にとってはとても素晴らしいサイトだと思います。まさに、研究って感じです。

例えば、「ルーディメンツ データベース」という記事では、ROLL系、PARADIDDLE系、FLAM系、DRAG系と過去に書いてきた記事の総まとめをして、わかりやすくしてくれています。

「drum!drum!drum!」
http://drumdrumdrum.blog49.fc2.com/


ルーディメントといえば、こちらもお薦め。

記事編集

ドラムでタブ譜 無料ドラム譜 -911Tabs-

911Tabsという無料で利用できる曲のタブ譜サイトがあるのだけれど、
ギターだけでなく、ドラムもタブ譜表記になっている。

確かに、テキスト情報で表記できるから、それはそれでいいのだけれど、
例えば、ビートルズを検索したら、「Hey Jude」が出てきた。

初めのあたりのドラム譜がこうなっている。
(3) |----repeat x2---| (3)
Rd|-----------------|x-x-x-----------|x-x-x-x-x-x-x-x-|x-x-x-x-x-x------|
T |------------oooo-|-------o-o------|----------------|-------------oo--|
S |---oooo-o-o------|----o-o---ooooo-|----o-------o---|----o-------o--o-|
Bd|o-o--------------|o-o-------------|o-------o-------|o-------o--------|
|1 + 2 + 3 + 4tl+ |1 + 2 + 3 + 4 + |1 + 2 + 3 + 4 + |1 + 2 + 3 + 4tl+ |
And any time you feel the pain...

全くの初心者だと、ちょっとだけ、判読が難しいかな?

凡例:
Rd - Ride Cymbal
T - Tom 1
S - Snare drum
Ft - Floor tom
Bd - Bass drum

911TabsのHey Judeのページ
http://flametune.com/drum_tabs/details-Beatles_hey_jude_drum_tabs-1411841.html

読解できれば、いろいろな曲が無料で利用できるから、頼もしいね。

911Tabs


ちなみに、ビートルズのドラム譜集が欲しかったら、有料でもあります。
もちろん、タブ譜じゃなくて、ドラム譜ですよ。
全25曲: Back in the U.S.S.R. / Birthday / CanÕt Buy Me Love / Come Together / Eight Days a Week / Get Back / Help! / Helter Skelter / I Saw Her Standing There / Ob-La-Di, Ob-La-Da / Paperback Writer / Revolution / Sgt. PepperÕs Lonely Hearts Club Band / Something / Twist and Shout など

[for mobile]The Beatles Drum Collection


サンプル画像もリンクしておきますね↓
Back in the U.S.S.R.です
back in u.s.s.r.

記事編集

ヒップホップのリズムに 3 連系のアクセント by モダンドラマー誌

Modern Drummer Wire 4.1 January 2010のワンポイントドラムフレーズの特集は、KutMasta KurtのMasters of Illusionから、"We All Over"という曲のヒップホップパターンの中に 3 連フレーズを入れるというアイデアだ。

8 で刻むハイハットの 3 拍目に左手でクラッシュのカップの音を 3 連で入れるというものだが、
そのアイデアから、さらに二つの発展形を解説してくれている。

紹介した楽譜画像の音源は、画像をクリックするとリンクされているので、
興味があったら、試聴してみて下さい。
Modern Drummer誌の宣伝サイトになっているけれど、サンプル音源は、左上の方の
LICK OF THE MONTHって書いてあるところです。


Lick Of The Month 1


8 分音符と 3 連のリズム練習だったら、Ted ReedさんのSyncopation[シンコペーション]というドラム教則本が役に立つと思います。


記事編集

ジャズドラマー Philly Joe Jonesさんの4バースソロ

ジャズドラマーのフィリージョージョーンズさんの、4バースのソロ譜と、音源が「modern drummer」誌に掲載されていたので、リンクしておきますね。

ビル・エバンスが、1958年にレコーディングした、「Everybody Digs Bill Evans」というアルバムの「Minority」という曲だそうです。

- 楽譜 -

- 音源 -

自然にこんな風に演奏できたら、さぞかし楽しいでしょうに。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。