ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ルイス・コンテ、久しぶりのアルバム - En Casa De Luis -

En Casa De Luis
En Casa De Luis
by Luis Conte [ルイス・コンテ]

パーカッショニストのルイス・コンテさんが、
20数年ぶりにアルバムを出したそうですが、
そりゃー久しぶりですねぇ。


スタジオミュージシャンとして
有名な方ですから、
他人のアルバムでは演奏してたんでしょうが、
自分のは長いこと出さなかったんですね。

ちょいぎきしてみましたが、
上質なラテンジャズって感じです。

打楽器好きとしては、
最後の曲の、「Mi China」が、
打楽器ユニゾンしてて、楽しゅうございました。

相方は、Daniel Willyさんのようです。

試聴は、こちらでできますよ。
[ 試聴サイト ]




En Casa De Luis
by Luis Conte [ルイス・コンテ]

Luis Conte [ルイス・コンテ]:オフィシャルサイト




ルイスコンテさんについては、こちらにも書いたので、
よければどうぞ。
打楽器奏者が聴くべきコンガアルバム - その6 -

スポンサーサイト
記事編集

「74年のウォーッ」 -Roar of 74 by バディ・リッチ-

Roar of 74 by バディ・リッチ
Roar of 74 by バディ・リッチ

「ドラマーなら完全ジャケ買いでしょう。」

「黒光りするマシン、
そして
手にはスティックさえない、いさぎよさ。
しびれます★」


ジャケの見た目からは想像できませんが、
ドラマーバディリッチの率いるビッグバンド、
中身は濃く、そして、かっこよいですぞ。

しかもなんかうれしいお買い得感。

ちょっと聞いてみたいぜと思った方は、
こちらで試聴可。
http://www.amazon.com/gp/recsradio/radio/B0002VKZZM/ref=pd_krex_dp_a





Roar of 74 by バディ・リッチ

CDだよ~




バディリッチならこちらの記事もオススメ
ルーディメントなど - Buddy Rich's Interpretation of Snare Drum Rudiments -

記事編集

女性ドラマー、リーダー作 - Mosaic Project -


モザイク・プロジェクト~ジャズと生きる女たち by テリ・リン・キャリントン


モザイク・プロジェクト~ジャズと生きる女たち by テリ・リン・キャリントン

ドラマーのテリ・リン・キャリントン[Terri Lyne Carrington]が面白いアルバムを出した。

まず思ったのが、メンバーが豪華だ。


前にも紹介した、ベースのEsperanza Spalding[エスペランサ・スポルディング]も参加。打楽器ではSheila E[シーラ・E]がいたり、一線で活躍する女性ジャズプレイヤーを集めて作ったアルバム。

ドラマーがリーダーっていうのも、女性だけで作ったっていうのもどんなのができるのかなって、期待しちゃいますね。

レコーディングの様子が、アップされているけれど、楽しそう。うらやまし。






モザイク・プロジェクト~ジャズと生きる女たち by テリ・リン・キャリントン

参加ミュージシャン
Dianne Reeves
Dee Dee Bridgewater
Nona Hendryx
Cassandra Wilson
Esperanza Spalding
Helen Sung
Tineke Postma
Geri Allen
Patrice Rushen
Ingrid Jensen
Sheila E.
Gretchen Parlato




前に書いたエスペランサ・スポルディングの記事
天は二物を - Esperanza Spalding -

記事編集

ジョバンニイダルゴ[Giovanni Hidalgo]も参加 - Voyage by Federico Britos -

Voyage


Federico Britos Voyage by Federico Britos

バイオリンのFederico Britos さんのこのアルバムは、なかなか優雅なラテンジャズ。

バイオリンは色気があっていいですね。

テーマが7拍子の「Capullito de Aleli」は、フルーティストの赤木りえさんも「Isla Verde」というアルバムの中で演奏しています。


ちなみに、ドラマー的には、
イグナシオ・ベロア [ Ignacio Berroa ] さん、ジョバンニイダルゴ [ Giovanni Hidalgo ]さんが参加。

他にも、ミシェル・カミロ [ Michel Camilo ] 、カチャオ [ Israel “Cachao” Lopez ]が参加しているなど、意外に豪華。




Voyage by Federico Britos




Isla Verde by 赤木りえ

[ジョバンニイダルゴ[Giovanni Hidalgo]も参加 - Voyage by Federico Britos -]の続きを読む
記事編集

トップがフルートのラテンジャズ - Timbasa by Mark Weinstein -

Mark Weinsteinフルーティスト、コンポーザー、アレンジャーでもあるMark Weinsteinさんのアルバム"Timbasa"を紹介します。内容的にはラテンジャズです。

アレンジャーだけに、Milestones、Footprints、Watermelon Manと、楽しませてくれますよ。


timbasaジャケット写真もセクシーですねぇ。試聴するなら、アマゾンのアメリカ版がいいでしょう( コチラ )



"Timbasa" by Mark Weinstein



記事編集

Candido Camero [キャンディード] - CD -

Candido Camero先日、Candido [ キャンディード ]さん出演のDVDを紹介しましたが、ミュージシャンですから音源もいろいろあるんですよ。

DVDはこちら
ルンバの歴史・炎のパーカッション - DVD -




Beautiful / Candido

ラテンファンクって感じでなんかいいな。




Thousand Finger Man / Candido

なんか、ジャケットから元気になりそ~じゃないですか。




Candido / Candido Camero

わりにジャズっぽいものが多いです。Mambo Inn、Perdidoなども収録。


試聴は、amazon.co.jpだと、ないものが多いんですが、amazon.comへ行くと、結構試聴できるんですよ。

記事編集

ラテンジャズの要素だけじゃない - Luis Munoz -

invisibleLuis Munoz – Invisible

コスタリカ生まれのLuis Munozさんは、コンポーザー、アレンジャー、パーカッションプレイヤーとして活動しているようですが、このアルバムでは、パーカッションのみならず、ピアノ、シンセサイザーなども演奏。

3曲目の"Sobrevivencia"などは、ラテンジャズって感じですが、ハーモニカを入れた8曲目"Manantial"があったり、タンゴ調の9曲目"Tango y Sangre de la Media Noche"など、ラテン系とはいっても、アフリカや南アメリカの要素も入っていて、面白いですよ。

試聴はこちらで可能
http://www.luismunoz.net/music_cd_invisible.html


LuisLuis Munoz オフィシャルサイト:
http://www.luismunoz.net/home.html


Luis Munoz – Invisible



記事編集

Cantaloupe Island も入ってます - Poncho Sanchez -

気楽に聴けて、なんとなくハッピーな気分になれるPoncho Sanchez[ポンチョ・サンチェス]の音楽は結構好きなのだが、今度もなかなかである。

アルバム「Psychedelic Blues」は2009/9/15の発売のようだが、ハンコックの「Cantaloupe Island」も入っている。試聴で良ければ、こちらのサイトで可能。
http://www.amazon.com/Psychedelic-Blues-Poncho-Sanchez/dp/B002HWUU4A/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1269610960&sr=8-1

アルバムジャケットのコンガのヘッドもなかなかおしゃれ。


Poncho Sanchez[ポンチョ・サンチェス] オフィシャルサイト:http://www.ponchosanchez.com/unflashed.html



記事編集

ロビーアミーン[Robby Ameen] のリーダー作

ラテン、ジャズ系のドラマーとして、活躍のロビーアミーン[Robby Ameen] が、2009年にリーダー作を出している。
Days in the Life by Robby Ameen

こちらで、収録7曲目の「Ceora」という曲が、1曲聴けますよん。
http://www.latinjazznet.com/2010/01/20/reviews/cds/robby-ameen-days-in-the-life/

Robby Ameen – Drums, Percussion
John Beasley – Piano, Hammond B3, Fender Rhodes
Lincoln Goines Acoustic and Electric Basses
Wayne Krantz – Guitar (1,2,4,6,8)
Richie Flores – Congas (3,4,5,7,9)
Conrad Herwig - Trombone (2,3,5,7)
Brian Lynch – Trumpet (2,3,5,7)


前に、「Clave Independence - by Robby Ameen -」という記事で、ロビーアミーンさんのクラーベと、カスカラの実演説明を紹介したので、そちらもよければどうぞ。

Robby Ameen オフィシャルサイト: http://www.robbyameen.com


携帯の方はこちら
Days in the Life by Robby Ameen


記事編集

チャランガのガイドとしても:オルケスタ・アラゴーン 「ザット・キューバン・チャチャチャ」

チャチャチャって、なんだかほんわかして結構好きなリズムです。

曲のラテンアレンジでネタがつきると、チャチャチャにしてみるとよかったりします(安易だ)。

さて、このアルバムはチャランガ編成の名門バンド、オルケスタ・アラゴーンの代表作。ストリングス+フルート+リズム・セクションという編成です。

55~56年録音の本盤は、定番/代表曲のオン・パレードだからチャランガのガイドとしてもうってつけの1枚。
収録曲は、 エル・ボデゲーロ / シレンシオ / セニョール・フエス / ロス・ファンタマス / サブロソーナ / カルクラドラ / 荷車ゆれて / ロス・チニョソス / ノ・メ・モレスト / ジョ・テンゴ・ウナ・ムニエカ / エル・オルガニリェロ / アイ・ホセ


古い音源だけに、基本的なところがわかっていいかもしれないです。意外に新たな発見があるんだよね。
[for mobile]ザット・キューバン・チャチャチャ
記事編集

エグベルト・ジスモンチ 14年ぶりの作品リリース

ブラジルの音楽家,エグベルト・ジスモンチさんは、2009年に14年ぶりのCDをリリースしているんですね。

14年って、そりゃ久しぶりだわ。

彼の曲で、私が知っているのは、ドラマー Alex Acuña [アレックスアクーニャ]さんのドラム教則ビデオ(その時、ビデオですよ…)で、サンプルとして演奏されていた「ローロ」っていう曲ですが(マニアックすぎる!)、今回は、『TRIBUTE TO MSCEGENATION(人種混合への賛辞)』と題された、キューバの女性のみによるストリングス・オーケストラ“Camerata Romeu”によるジスモンチの組曲の演奏(Disc1)と、『GUITAR DUETS』と題された、息子Alexandreとのギター・デュオ作品(Disc2)を擁する、ジスモンチの音世界を思う存分堪能できる2枚組だそうです。

キューバの女性のみによるストリングス・オーケストラ“Camerata Romeu”っていうのも、気になります。

ちなみに、ジスモンチさんは、楽器もいろいろできるみたいですけど、ギタリスト?かなぁ。
プロフィールには、「ピアノ、ピアノのポリフォニーを弦楽器で表現するために開発された多弦ギター、管楽器など様々な楽器を自由自在に操るマルチ・ミュージシャンとして、また優れた作曲家として知られ」ってあるし。


出典:Egberto Gismonti[エグベルト・ジスモンチ] 日本オフィシャルサイト 
サウダソォンエスについては、
ニュース 2009.08.14 更新分
http://www.gismonti-live.jp/news.html

Egberto Gismonti[エグベルト・ジスモンチ] 日本オフィシャルサイト:http://www.gismonti-live.jp/

まぁ、百聞は一見にしかずって言いますから、映像をリンクしておきますわ。しかしギターの弦、多すぎっ!
ギター界の、テリーボジオ

Gismonti y Camerata Romeu


Egberto Gismonti y Camerata Romeu


エグベルト・ジスモンチ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あんまりドラムには、関係なかったね。


携帯の方はこちら
[for mobile]サウダソォンエス by エグベルト・ジスモンチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。