ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

七色ドラムのモニター募集中だよ。 - 米SPAUN DRUM社 -

LEDで七色に光る!

見た目にこだわるドラマー、ちゅうもーく!

光るスネア、ご存知ですか?

コントローラーで、カラー変更や光らせ方自由自在。

しかも、今ならモニターを募集しとります。

音源を募集してるあたり、本格的です。



この度米国のSPAUN DRUM社が日本におけるモニタードラマーを募集します。

応募条件:日本国内を拠点として活動するドラマー
契約条件:別途相談

応募方法などは、下記をご覧ください。
http://www.ellisisland.jp/products/spaun/index.html


では、その光り方をご覧あれ。
なんか、わくわくする。。。


スポンサーサイト
記事編集

大切だから、守りたい - cymbag -


cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター


cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター

なかなか、いいところに目を付けたなぁっていう商品です。

シンバルのカバーなんだけどね。


シンバルって使ってるとわかるんだけど、金属だから運んでいるうちに傷もつく、手で触るから指紋もつく。そして汚れてゆく。

「この、濁った色具合の音がいいのだ」っていう方以外には、シンバルはいつもピカピカであって欲しかったりするわけですよ。いや、ピカピカであって欲しいのはシンバルに限らないけどね。

そこで、カバーです。なるべく外界に触れさせなければってそこまでは考え付くんだけど、この入れ物は、ちょっとひと工夫。

スタンドに付けたまま、カバー脱着できるんですよ。便利じゃない。

優れもの具合は、映像をみるとなるほどねってわかりますよん。


Cymbag - www.cymbag.com - Cymbag acrylic drum




cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター

サイズは8インチ用から24インチ用まで、別売りになってたり、セットでお得になってたりします。

記事編集

光るドラム - LED Snare Drum -

よのなか節電モードですが、LEDなら、許してくれそう。
見た目、普通のスネアですが、光るんです。

シェルの内側にLEDが仕込まれていて、ランダムに光らせたり、色を変更することも可能。
コントローラーがあるんだよ。

まぁ、とりあえず、動画でどうぞ。



SPAUN社
LED Snare Drum : 型番は「SP-1460LED」

記事編集

キックポートの白 - kickport -

kickport whiteバスドラの低音強調 - KickPort -という記事を前に書いたのですが、その時は、色が黒だけだったのですが、白も出ましたね。

ドラマーとしては、音だけでなく見た目もこだわりたいですよね。




Pearl キックポート KICKPORT KP-5W

前回のバスドラの低音強調 - KickPort -という記事では、実際に使ってみた方のレポートや、メーカー作成の動画などを紹介しています。

よければ、ご覧下さいね。


記事編集

ピンクのスティック - foxy drummer -

foxydrummerピンクのガムテープの話を書いたので、ピンクのスティックのお話も。

foxydrummer社のスティックには、ピンクがあるらしい。

カラードラムスティックのシリーズには、ピンク、白、黒の3色がラインナップ。
ただ、日本でゲットできるのかは不明。





http://www.foxydrummer.com/index.html
記事編集

ガス式のドラム椅子

ドラムのイスというと、いちいちネジで高さを変えねばならないので、結構めんどう。

でも、音が出るわけじゃないから、そんなにこだわらなくてもいいかな~と思ったりすると、ワンタッチで高さの調整できるガス式のドラム椅子は、なかなか手が出ない。

割り切って安いガス式ドラム椅子ないかいなと探してみたら、ZENNの椅子が6000円ぐらいで買えるのね。選択肢の一つにしてみたらいかが?

ZENN ( ゼン ) / DTC5000
ワンタッチで高さ調節が可能なエアーリフトタイプのドラムスローン。演奏者の入れ替えが激しい現場でも素早くセッティングが可能です。
ワンタッチで高さ調節が可能なエアーリフトタイプのドラムスローン。演奏者の入れ替えが激しい現場でも素早くセッティングが可能です。
記事編集

ダイヤモンド型のチップ スティック

タイコ叩くのに、ばちなんて適当に丸みを帯びていれば皮も破れないからどれも同じなのでは?などと、軽く考えがちですが、叩く部分の形状の他に、長さや材料、さまざまな組み合わせがあって、同じ人が叩いても違った音が出てしまう。不思議です。

まぁ、売っているスティックにあれほどいろいろなモデルがあるのですから、それはそれで理由があるってことですよねぇ。で、今回は、丸くないチップがあったので、そのお話。

この画像のスティックは、大太鼓のマレットのようなのですが、ダイヤモンド型です。すぐに減っちゃうんじゃないかしらって、貧乏根性で考えてしまいますけど、理由があってこの形なのでしょう。

Innovative Percussion - Marching Bass Drum - ABX 1-4 Arena Bass Drum

大太鼓に限らず、ドラムのスティックにも、ジェフポーカロの父ちゃんのジョーポーカロモデルがダイヤモンド型のチップでしたね。

TOTOのドラマーとして活躍した故ジェフ・ポーカロの父であり、ジャズドラマーで優れた指導者として知られるジョー・ポーカロが開発に携わった DIAMOND TIPシリーズ。 ダイヤモンド型にカットされた独特のチップを採用。 [VIC FIRTH(ヴィクファース)/VIC-JPHS5A]TOTOのドラマーとして活躍した故ジェフ・ポーカロの父であり、ジャズドラマーで優れた指導者として知られるジョー・ポーカロが開発に携わった DIAMOND TIPシリーズ。 ダイヤモンド型にカットされた独特のチップを採用。

考える方もすごいけど、作っちゃう方もすごいわ。
記事編集

ツインシェイカーよりキティちゃんかな

Twin Shakerこんな楽器を見つけました。シェイカーと名は付いているんですが、どう見てもマラカスをつなげたような気がいたします。ラテンパーカッション社[LP]の製品のようですが、演奏している場面を見てみたい気が。


LP Chick-Ita Twin Shaker: One-Handed Wonder


シェイカーなら、こっちの方がキュートですよねぇ。
見た目重視!キティちゃんのシェイカーです
キティちゃんのシェイカー こちらは、プレイウッド社製。[PLAYWOOD(プレイウッド)/MS-KT]]
しかし、振るにはかわいすぎる(笑)


携帯の方はこちら
キティちゃんのシェイカー

記事編集

バスドラの低音強調 - KickPort -

kick portどんなドラムセットを使っていようと、まぁ、バスドラは低い音を出しますよねぇ。

KickPort[キックポート]というアイテムは、画像のバスドラを売っているわけではなくて、バスドラの穴に装着して低音域を出すものらしいです。

小さいバスドラ使ったセットの時にも使えるんだったら、持ち運びに便利よねぇ。大きいセットじゃなくていいし。


こちらが、拡大した画像。

バスドラの低域を強調:KICKPORT





こちらは、使ってみたレポートを映像で紹介してくれています。
funtaのブログ「KickPortのチューニング映像」では
「しゃべりが苦手だから無声映像にしてるのに、音の変化に思わず「お?...おおー!」って」という感じで、変わったようです。
http://ameblo.jp/adish/entry-10404558156.html




KickPort International のサイトにある、映像もリンクしておきます。

これをつけると、ほら、こんなに音が低くなるんだ的な、ストーリーになっております。


KickPort International [製造元サイト]


携帯の方はこちら
バスドラの低域を強調:KICKPORT
記事編集

デジタル打楽器 -WAVEDRUM-

新感覚のパーカッションシンセサイザーWAVEDRUM同じ形のパーカッション的アイテムとして、LPのLP Giovanni Compact Congaとか、pearlのTravel Conga[トラベルコンガ]がありましたが、コンガの皮を持ち運びやすくした楽器だったので、ちゃんと叩かないと音が出ませんでした。

前にこんな記事も書きました。
トラベルコンガ
http://doraoku.blog27.fc2.com/blog-entry-303.html

しかしこちらの、WAVEDRUM は電気なんですね。パーカッションシンセサイザーとうたっているように、打楽器としてももちろん使えますし、エフェクト的にも。


1994年の初登場から、ラテン系パーカッションやワールドミュージックの知識が多く入るようになって、使い方を想像できたり、新しく考えつくような人が増えて、今なら面白いものが作り出せそうですね。

当時よりも技術力も向上して、より繊細な感度、メモリの容量の増加での音質の向上、反応の速度アップなど使い勝手がよさと共に、手に取る人も多くなりそうです。

ジャンベとか、カホンとかを使う人も楽しいんじゃないかな。

webdog ジェット☆ダイスケのウェブログでも「冗談ぬきでスゴイ」とのこと
http://webdog.be/archives/09914_100011.php

[for PC]新感覚のパーカッションシンセサイザーWAVEDRUM
[for mobile]新感覚のパーカッションシンセサイザーWAVEDRUM

KORG メーカーサイト:http://www.korg.co.jp/Product/Drum/WAVEDRUM/

youtubeの動画を掲載しておきます↓↓↓



ウッドシェルにファイバースキンのヘッドを張ったコンパクトコンガ
パール:トラベルコンガ
[for mobile]パール:トラベルコンガ


LP コンパクトコンガ Giovanni Compact CongaLP コンパクトコンガ Giovanni Compact Conga
[for mobile]LP コンパクトコンガ Giovanni Compact Conga

記事編集

テンポを振動で体感させ演奏をサポート -「BodyBeat Metronome」

ボディビート・メトロノーム振動でテンポを刻んでくれるメトロノーム「BodyBeat」が発売されたそうだ。

ドラマーとしては、自分の音が大きすぎるだけに、振動でテンポを知らせてくれるツールは魅力的だ。今までも、音の大きいメトロノームとか、涙ぐましい努力で工夫を凝らしてきただけに、振動というアプローチで出てきたかとそそられます。

しかし、すごいよこれ、とあまり話題にならないのはなぜかしら?と思って、サウンドハウスという音楽関係の通販のサイトをのぞいてみたら、何人かの評価があまりよろしくない。

Night and Dayz Jazz and Bigband 3.11[http://blog.livedoor.jp/norimi3/archives/51157949.html]というブログでは、
振動の感じが「医療用の低周波治療器(?)みたいな感じ」だそうだ。

インターネットで検索すると、メーカーサイトやプレスリリース、販売店のサイトがずらりと出てくるけれど、探しようによっては使用者の評価もあって、その評価を参考にメーカー側もどうしたらいいのか考えられるから、インターネットというツールも、使いようですね。

仕様については、メーカーサイトをどうぞ。

サウンドハウスは、安く買えてお薦めですよ。

[for PC]サウンドハウス
[for mobile]サウンドハウス携帯サイト

[for PC]サウンドハウスのPETERSON(ピーターソン)/BodyBeat Metronomeのページ
[for mobile]サウンドハウスのPETERSON(ピーターソン)/BodyBeat Metronomeのページ[評価のページは表示されません]

ボディビート・メトロノーム メーカーサイト

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/05/041/index.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。