ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

ジャズ・ロック・ポップスにおけるチューニングの検証 など

[募集は終了しています]
ジャズ・ロック・ポップスにおけるチューニングの検証
募集情報が続きますが、
載せるなら早い方がいいかなということで、
国立音楽院での公開講座のお知らせです。

2011年10月26日開催
「打楽器アンサンブルにおけるドラムチューニングの検証」
指導講師:齋藤たかし、上原なな江

2011年10月28日開催
「ジャズ・ロック・ポップスにおけるチューニングの検証」
指導講師:山本健司


いいチューニングって、悩みますよね。

それぞれのやり方があっていいと思いますが、
一つのやり方を紹介してもらえると、
工夫の仕方や考え方の参考になって、
再確認のきっかけになるかもしれませんね。

申し込み方法等は、下記のURLまで
[募集は終了しています]
http://www.kma.co.jp/news/2011/09/002208.php

スポンサーサイト
記事編集

七色ドラムのモニター募集中だよ。 - 米SPAUN DRUM社 -

LEDで七色に光る!

見た目にこだわるドラマー、ちゅうもーく!

光るスネア、ご存知ですか?

コントローラーで、カラー変更や光らせ方自由自在。

しかも、今ならモニターを募集しとります。

音源を募集してるあたり、本格的です。



この度米国のSPAUN DRUM社が日本におけるモニタードラマーを募集します。

応募条件:日本国内を拠点として活動するドラマー
契約条件:別途相談

応募方法などは、下記をご覧ください。
http://www.ellisisland.jp/products/spaun/index.html


では、その光り方をご覧あれ。
なんか、わくわくする。。。


記事編集

ボンゴ教則本:中級 - Bongo Drumming: Beyond the Basics -

Bongo Drumming: Beyond the Basics
Bongo Drumming: Beyond the Basics
Trevor K. Salloum (著)

一つ前の記事も、ボンゴでしたが、
こちらは、同じ著者のボンゴ教則の中級版。


目次によると、
ボンゴのあらましなんぞを語った後、
一通り、マルティージョの練習をし、
コンビネーションとして、
     Bell-Bongo-Conga
     Son
     Bolero
     Bongo-Conga
     Son
     Guanguanco
とあるので、初級本よりちょい詳しい印象を受けます。

さらに、他にもページを割いて、ボンゴパターンの説明です。

全80ページをボンゴに費やしてますからね。

テキストのサンプルがあったので、あげておきます。
マルティージョと、チャングィのページです。

参考になるといいですが。


martilloマルティージョ


changuiチャングィ


楽譜の画像をクリックすると、もう少し大きめの楽譜が見れるようにしてあります。(ほんのちょっとだけどね)




Bongo Drumming: Beyond the Basics
Trevor K. Salloum (著)
CD2枚付。




前回の記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ
ボンゴ教則本:初級 - Mel Bay Presents the Bongo Book -

記事編集

世界一速いのは誰? - World's Fastest Drummer -

World's Fastest Drummer

まぁ考えつきそうではあるけれど、
World's Fastest Drummerコンテストって
いうのがあるんです。

こうなると、もう音楽というより
スポーツである感じの方が強いですが、
先日アメリカにて開催。

足の部と、手の部、二つの部門で
争われたようです。


すごいなぁ。
シングルで、1分間。
足・・・860打
手・・・995打


興味のある方は、下記サイトへどうぞ。

こちらはオフィシャルサイトより内容がコンパクトにまとまっている感じがします。
World's Fastest Drummer: WFD World Finals 2011

オフィシャル
http://www.worldsfastestdrummer.com/

記事編集

カホン用スティック

VATER VCS CAJON STICK カホンスティック
[ VATER VCS CAJON STICK カホンスティック ]


カホンって手で演奏するってイメージだったけれど、
カホン用のスティックってあるんですね。

叩いちゃったら、傷ついちゃうのでは?

と思ったら、ブラシなんですね。


じゃぁ普通のブラシで、というアイデアもありですよね。
それももちろんOKですが、
それとは別に、このカホン用は、かなり太くできてるそうな。

動画を見ると、工夫次第で表情をさまざまに変えられますね。
ちょっと試してみたいです。






[ VATER VCS CAJON STICK カホンスティック ]




カホンの記事ならこちらもオススメ
ジャンベ、カホン特集 - パーカッション・マガジン2010 -

記事編集

ドラムセットに付けられるパンデイロ - LP LP3012-SM スタントンムーア・パンデイロ -

LP LP3012-SM スタントンムーア・パンデイロスタントンムーア・パンデイロ

見た目タンバリンにも似た楽器、パンデイロ。

それで、ドラマーの名がついた、
スタントンムーアモデルってなんだろ?って思ったら、
えぇ、確かにドラムセットにマウントして、叩いておりました。

結構楽しそうです。


ちゃんと、ドラムセットにマウントできるように、金具がついてます。

ついてると、これどうやって使おうかな~って
考えるの楽しい。

ついでに動画もおつけしておきます。

Stanton Moore on the LP Stanton Moore Pandeiro (1)





スタントンムーア・パンデイロ




こちらの記事もオススメ
スタントン・ムーア - Groove Alchemy -

記事編集

大切だから、守りたい - cymbag -


cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター


cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター

なかなか、いいところに目を付けたなぁっていう商品です。

シンバルのカバーなんだけどね。


シンバルって使ってるとわかるんだけど、金属だから運んでいるうちに傷もつく、手で触るから指紋もつく。そして汚れてゆく。

「この、濁った色具合の音がいいのだ」っていう方以外には、シンバルはいつもピカピカであって欲しかったりするわけですよ。いや、ピカピカであって欲しいのはシンバルに限らないけどね。

そこで、カバーです。なるべく外界に触れさせなければってそこまでは考え付くんだけど、この入れ物は、ちょっとひと工夫。

スタンドに付けたまま、カバー脱着できるんですよ。便利じゃない。

優れもの具合は、映像をみるとなるほどねってわかりますよん。


Cymbag - www.cymbag.com - Cymbag acrylic drum




cymbag cymbag KIT-2 14×2 16×1 20×1 セット シンバルプロテクター

サイズは8インチ用から24インチ用まで、別売りになってたり、セットでお得になってたりします。

記事編集

指につけて演奏できるシェイカー - LP LP442F フィンガー・ショット -


LP LP442F フィンガー・ショット



LP LP442F フィンガー・ショット

コンガのような皮もの楽器にちょいとアクセントをつけるミニシェイカーってところですかね。

やってる最中に、指に装着しているところがずれないのか、心配ですが、アイデアとしてはまぁまぁ。


今は、箱型ですが、そのうちくだもの形とか出てくるんだろか。。。

片手に付けてもよし、両手に付けてもよし。

LPさんとしては、是非両手でってとこか。


LP Finger Shots



LP LP442F フィンガー・ショット




小物で、ちょっと工夫したいならこちらもオススメ

ドラムスティックに取り付けるユニークなジングル



記事編集

タンバリンのアンサンブル - Caixa Trio -

ちょっとした小物として、ステージにおいておくっていうイメージのタンバリンですが、タンバリンメインの演奏の動画を見つけました。

しかも、3人でアンサンブル。

プロの演奏ですが、楽譜がどんなことになっているのか興味わきます。
打楽器面白いなぁ。

Caixa Trio and Grover Pro Tambourines


記事編集

ドラムスティックに取り付けるユニークなジングル 

RhythmTech RT1411 スティック・ジングラー



RhythmTech RT1411 スティック・ジングラー


個人的には、アイデア商品、好きです。しかも、鳴り物なら楽しそう。

パーカッションメーカーのリズムテックが、ドラム・スティックに装着するパーカッション「スティックジングラー」(Stick Jingl-er)を販売中。


名前の通り、スティックにマウントするジングル。ハイハットにマウントするジングルってのは前からありましたが、最近はシェイカーだってスティックにつけられちゃう。

アイデア商品名だけに、どんなアイデアで使うかってのがポイントですね。


動画もつけとくね。




RhythmTech RT1411 スティック・ジングラー


前に書いた記事:こちらもよければどうぞ。
ドラムスティックに取り付けるユニークなシェイカー

 
記事編集

光るドラム - LED Snare Drum -

よのなか節電モードですが、LEDなら、許してくれそう。
見た目、普通のスネアですが、光るんです。

シェルの内側にLEDが仕込まれていて、ランダムに光らせたり、色を変更することも可能。
コントローラーがあるんだよ。

まぁ、とりあえず、動画でどうぞ。



SPAUN社
LED Snare Drum : 型番は「SP-1460LED」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。