ドラム 教則 DVD・パーカッション情報 : rhythm side

ドラム譜 ドラムの楽譜 などを紹介していますが最近はパーカッションが多いです
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

シンバルだったら、やっぱり。  - MONKEY T -

100620_monkey-t.jpg

シンバル持つのにふさわしいっていったら、やっぱりおさるさんよね。

キュートだわ。

アメリカじゃ20ドルくらいなんですけど、日本でゲットできるかは不明です。

このデザインを考えた頭脳に拍手。

MONKEY T

スポンサーサイト
記事編集

Mats/Morgan Band - Chicken

ひゃ~、「チキン」もテンポを上げてこんなふうにもできるんですね。かっこいいな。

キーボードのMatsさんの演奏が、気持ちよさそうデス。
ドラムの話じゃなくてごめん。

Mats/Morgan Band - Chicken




vic firth提供のサイトの方が、画質がいいよ。
http://www.vicfirth.com/artists/morgan_agren.php
Mats/Morgan Band - Chicken
Excerpted from the CD/DVD "Heat Beats Live" (Cuneiform Records)
の所から、リンクしてみてね。


記事編集

大事な耳を守れるかも - YES EAR -

DUHKHA YES EAR NS4000 WH 耳栓これは、Nanoテクノロジー技術が生んだナノシルバー抗菌耳栓。その名も、「YES EAR」

本来は水泳やサーフィン、飛行機に搭乗する人のために開発された製品だそうですが、害があるとされる高周波騒音を遮断することから、ミュージシャンの耳を長時間の練習からしっかりガードしてくれるそうな。

確かに、練習はしたいけど、耳も守りたいですものね。

色もいくつかあるみたいですよん。


「YES EAR」詳細:http://www.hot-gecko.com/bottom2.html

記事編集

あくまでもパーカッションの宣伝です

Star Wars In Concert すごい宣伝画像だなと、笑ってしまったので、載せてみました。

意としてはですね、スターウォーズの曲を演奏するコンサートツアー「Star Wars In Concert」があって、そのオーケストラの打楽器に、Grover Pro Percussion社の製品が使われてますよってことなんですけど、ほら、タンバリンとかトライアングルがバックに飛んでるでしょ。

ちなみに、真ん中でカッコつけてるのが、Grover Pro Percussion社の創業者、Neil Groverさんのようです。


Grover Pro Percussion 社 :http://www.groverpro.com/home.html

ついでなので、そのコンサート情報もリンクしておきますね。
"Star Wars In Concert"

コンサートツアーが終わったら、きっとこの画像も削除されちゃうんだろうな。

記事編集

コンガとピアノでラテンジャズ

コンガとピアノで演奏をしているんだけれど、こんなラテンジャズも楽しそうだなって思うのです。

ラテンって、ともすればと~っても大人数じゃないと成り立たないし、サマにならないって思いがちだけれど、アツイパッションがあれば、音程担当とリズム担当の二人でこんなにもできるんだねってちょっとうれしくなるのです。

まぁ、それを素晴らしいものにするには、個人の力量ってやつが問われますけどね。

Mathias Claus & PiTTi Hecht - Jazzpiano & Percussion Extravaganza


ピアノのMathias Clausさんは、主にドイツで活動しているようです。
Mathias Claus オフィシャルサイト:http://www.mathiasclaus.com/index.html

記事編集

使えなくなったスティックを利用 - stick pen -

STICK PEN スティックペン折れたり、削れるなどして使えなくなったドラムのスティックで作られた文具をご紹介しましょう。

その名も、「スティックペン」。


他にも、「DS touch PEN タッチペン」なんてのもあったり、シンバルから作ったアクセサリーもあって、興味をひきます。

ミュージシャン的アイテムとして、自分で持ったり、プレゼントにもいいですね。

エコ・ミュージック:http://www.eco-music.jp/

記事編集

5/15 締め切り - ドラム 公募 -

The Percussive Arts Society (PAS)では、若いドラマーのためのコンテストの応募者を募集している。

14–17才の部と18–22才の部の2部門。

第一次審査は、演奏時間6分以内の映像によって選ばれる。

カテゴリーは3部門。かっこ内は、審査員。
1.) R&B, Funk, Gospel [ Ndugu Chancler, David Garibaldi, Tommy Igoe, Zoro ]
2.) Jazz [ Terri Lyne Carrington, Peter Erskine, Jeff Hamilton, Ed Soph ]
3.) Brazilian/Afro-Cuban/African [Gregg Bissonette, Jimmy Branly, Walfredo Reyes Jr., Bobby Sanabria ]

応募締め切りは、May 15, 2010

応募の形式、詳細は下記を参照下さい。[英語]
http://www.pas.org/experience/contests/drumsetcompetition.aspx
記事編集

ミシェル・カミーロ&チューチョ・バルデス ライブ

ミシェル・カミーロとチューチョ・バルデスの二人のピアニストが、東京ブルーノートでライブをやるそうな。

その名も、ピアノマスターズ。

一人でもすごいってのに、二人いたら、一体どうなるんだろ。

MICHEL CAMILO& CHUCHO VALDES[ミシェル・カミロ&チューチョ・ヴァルデス]
"Piano Masters"

2010 3.25thu.-3.29mon.
Showtimes : 7:00 p.m. & 9:30 p.m.
※3.27sat., 3.28sun.
1st Show : Open5:00p.m. Start6:00p.m.
2nd Show : Open8:00p.m. Start8:45p.m.

メンバー
Michel Camilo(p)
ミシェル・カミロ(ピアノ)
Chucho Valdés(p)
チューチョ・ヴァルデス(ピアノ)
Mayra Caridad Valdés(vo)
マイラ・カリダ・ヴァルデス(ヴォーカル)
Lázáro Rivero(b)
ラザロ・リヴェロ(ベース)
Juan Carlos Rojas(ds)
ホアン・カルロス・ロハス(ドラムス)
Yaroldy Abreu(congas)
ジャロルディ・アブレイユ(コンガ)

チャージ料金表
¥9,450(税込)

ブルーノート東京
http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/michel-camilo/
記事編集

“Barbacoa Grill” [バルバッコア・グリル]

Barbacoa Grill音楽はおいしい料理と一緒だと、より楽しめそうですね。
ラテン系のレストランを探していたら、ブラジル料理のお店を見つけました。

“Barbacoa Grill”[バルバッコア・グリル]
本店は、ブラジルのサンパウロで本場ブラジルスタイルのバーベキュー料理と種類豊富なサラダバーをお楽しみいただける本格的なシュラスコ料理店とのこと。

1000円台で楽しめる、ランチメニューなら行けそうね。

現在、国内では、青山店、丸ノ内店、心斎橋店の3ヶ所。
“Barbacoa Grill”のサイトで、メニューと予約が可能です。

東京青山店:TEL 03-3796-0571
東京都渋谷区神宮前4-3-24
TOKYUREIT表参道スクエアB1

東京丸ノ内店:TEL 03-5224-5050
東京都千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング6F

大阪心斎橋店:TEL 06-6120-7020
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10
ラ・ポルト心斎橋8F




フェイジョアーダ行く暇がないっていう人のために、ブラジル料理の通販を探してみたのですが、あるんですね~。
http://www.berimbau.biz/[ベリンバウ]

茨城県鹿嶋市にあるレストランが、通販も行っているようで、こちらもおいしそう。
写真のお料理の名前はフェイジョアーダっていうんだって(これを食べられるのはレストランだけかも)。




ここで教えてもらいました
Bem vindos a um pedacinho do Brasil
http://rickythechef.pokebras.jp/e90935.html




[PR]ブラジルの家庭料理フェイジョジョアーダ(豆と肉の煮込み料理)フェイジョアーダ コンプレッ...
記事編集

進化するポップス

流行は、何年か周期で、繰り返すというのを、聞いたことがある。確かに、それはそうかもしれないけれど、例えば、前の流行の時に着ていた服を今の流行で着ようと思うと、ちょっと違うのである。

コンセプトは同じかもしれないけれど、年月がたった分だけ、洗練が加わっている。

だから、同じとは言えない。

それって、音楽でも言えるかもしれないって思ったのは、嵐の「wish」を聞かせてもらった時のこと。

イントロが流れてくるなり、「大滝詠一だ」と、懐かしさを覚えてしまった。でも、同時に、こんな風に使っちゃうんだなぁって感心したのだ。

イントロの決めが、大滝詠一の「君は天然色」にそっくりだったってだけなんだけれど、ちょっとしたフレーズを使って、新しい物ができあがるってのは、進化してるってことじゃないかな。

ポップスだって、昔はやったフレーズや、ワールドミュージックの要素を入れたり、そのままじゃなじみがなさそうなものをわかりやすく翻訳して使えば、どんどん進化できると思うんだ。

逆に、そのわかりやすいポップスから、オリジナルのアイデアに向かう人もいるかもしれない。

そうやって、いろんな方向に、音楽の興味を持つ人が増えれば、もっと面白いものがこの先、生まれるんだろうなぁ。





記事編集

共感覚

前に、ピアノでドレミって弾くと、ドならド、レならレの色みたいなのって、あるよね~なんて、話をしたことがあった。

その時は、話が意外に盛り上がったので、他の人はどんな色を思い浮かべるのかしらって思い、聞いてみたら、確かに色をイメージするという人と、そんなのあるわけないって否定する人と、まっぷたつ。

しかも、否定側は、何を話しているのだという、冷たい目線。

しゅるしゅると、好奇心の気持ちが立ち消えていった思い出がありました。

その出来事が、何年前だったかもう、忘れたのですが、先日、「共感覚」という言葉とそれに関する書籍を読む機会があり、その音と色の出来事が、思い出されたわけです。

「共感覚」っていうのは、「一つの刺激に対し、二つ以上の感覚が同時に働くこと」のようでして、例えば、一つの言葉を聞くと、その単語の意味を耳で聞く聴覚のほかに、その単語に色が付いて見えるなどの視覚が同時に働くなどのことなのだそうな。

単語じゃなくても、音楽を聴くと、色の付いたイメージの視覚情報が認識される場合もあるとか。

まぁ、さすがに、私がイメージした色っていうのは、色音符や絵本などで、学習したイメージの記憶が残っているだけかもしれないけれど、学習せずとも自然に認識されちゃうとは、ある意味才能。ただ日常生活が結構不便かもしれないですねぇ。

頭の中でイメージした画像をそのまま、絵として表現できれば、例えばこれは「牛丼」と聞いた時のイメージですなんてことも、可能よね。それはそれで、楽しそうだけれど。

共感覚者は、一つの単語を聞いてイメージする画像が、変化しないのだそう。実験によって、時間をおいて同じ単語の色を聞いても、同じ色を言える確率が有意なんだって。

逆に、単語と色のイメージが結びついているから、単語を忘れても色で思い出す、なんて記憶術を使うことができるんだそうよ。

まだまだ、人間もわからないことだらけだわ。

-参考書籍-
共感覚―もっとも奇妙な知覚世界
ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界

[for mobile]共感覚―もっとも奇妙な知覚世界



[for mobile]ねこは青、子ねこは黄緑―共感覚者が自ら語る不思議な世界

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。